1. Home
  2. Trend
  3. iPhone、Androidアプリ
  4. 「いいね!」のために生きてる人へ。プロがSNSウケする写真を選んでくれるアプリ登場

「いいね!」のために生きてる人へ。プロがSNSウケする写真を選んでくれるアプリ登場

「いいね!」のために生きてる人へ。プロがSNSウケする写真を選んでくれるアプリ登場

SNSにどっぷり浸っている女子にとっていちばん大切なのは、"パーフェクト"なセルフィ―をアップして、どれだけ多くの人が「いいね!」をクリックしてくれるかどうか。

そんなSNS依存にますます拍車をかけるようなアプリが、海外の若い世代を中心に話題となっています

プロの目線からSNS映えする写真を選択してくれるアプリ

何十枚もとったセルフィ―のなかから、ベストな1枚をアップしたい。

どうせならみんなが「いいね!」をたくさん押してくれる写真がいい。

そんな願望を叶えてくれるのが「EyeEm」。イメージ認識テクノロジーを駆使して、プロのカメラマンの目線からSNS上で映える1枚を選んでくれるという前代未聞のアプリです。

写真をドラッグすると、美的レベルがパーセンテージで表示され、おすすめのハッシュタグまで教えてくれるのだそう。

多くのメディアでも「SNSで人気を得られるようなベストショットを選んでくれるアプリ」として取り上げられています

でもこれって、自分が「いい!」「好き!」と思った写真を選んだり、ハッシュタグを考えたりといった、そもそものSNSの楽しみかたとかけ離れているのでは...? と疑問を感じてしまいます。

「『いいね!』の数が多いと、認められてるなって思うの」

いわゆる「ミレニアル世代」を中心にハマっている人が続出の「EyeEm」。

InstagramやFacebookが三度の飯よりも重要な同僚・ニーダも、そのうちのひとりです。

SNSに写真をアップするときは、何十枚も撮り溜めして、そのなかから入念に写真を選ぶのが日課の彼女。

「『いいね!』の数やコメントが多いと、私って認められてるなって思うの。それが自分の自信にもなっているのよ」

と語っていました。逆に「いいね!」の数が少ないと、誰からも相手にされていないような、寂しい気持ちになってしまうのだそう。

いつもの自分に自己嫌悪を感じてしまうほど、SNSの世界では他人から評価されたい

いまや、誰でもスマホから自分のライフスタイルを発信できる時代。

なにげない毎日だって、写真とキャプションを通じて、まるでセレブのようにキラキラした世界に作り替えることができます。

つい他人と比べて「なんだか私の毎日って地味だな」と自己嫌悪を感じれば感じるほど、SNSでは他人から称賛されたい、"特別"でいたい、たくさん「いいね!」が欲しい...そう思ってしまうのでしょう。

SNSにハマる女子の心をがっつりつかんだ「EyeEm」。

プロのカメラマン目線で選んだ写真はたしかに見栄えがいいし、サマになるかもしれません。

でも、ちょっとピントがぼけていたり、変顔っぽい写真のほうが親近感がわくし、なによりオリジナリティにあふれていて素敵だと思うのです。

EyeEm, Mashable Asia, METRO

写真/Visual Hunt

こちらも読まれています

「これって私のこと?」目の前の相手よりスマホに夢中なダンスがアメリカで話題

欲しい。10万円で買えるダイヤモンド。ボーナスで手に入れる? #sponsored

「私、髪だけど質問ある?」梅雨の悩みを聞いてみた #sponsored

Writing byTimmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    6. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    7. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    8. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    9. 冬こそシースルーソックス。春をひとさじ加えてみる

    10. もうUV怖くない。紫外線の量がわかるネイルチップ

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    7. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 「デブ」「ブス」「モンスター」ネガティヴな言葉を強さに変えたビューティブロガー

    10. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    6. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    7. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    8. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    「いいね!」のために生きてる人へ。プロがSNSウケする写真を選んでくれるアプリ登場

    FBからも最新情報をお届けします。