1. Home
  2. Cosmetics
  3. ヘア・メイク
  4. ハイライトは鼻の付け根だけ。汗かく季節のメイクテク、美容部員に聞いてきた

ハイライトは鼻の付け根だけ。汗かく季節のメイクテク、美容部員に聞いてきた

ハイライトは鼻の付け根だけ。汗かく季節のメイクテク、美容部員に聞いてきた

ムシムシ、じめじめ、ベタベタ...。メイクの大敵となる梅雨の湿気。

でも、気候ばかりをメイク崩れの言い訳にはしたくありません。

正しいお直し方法さえ知っておけば、少しくらいメイクが崩れたって、すぐにきれいな肌を取り戻せます。

化粧水は最低5回。美容部員に聞いた保湿ケア

20170630_beauty.jpg

そこで、梅雨メイクのお直しポイントを教えてくれたのは、6月30日(金)から銀座にオープンする「Beauty U」。

1. ティッシュで軽く肌を抑えるようにして、油分を拭きとる

2. パウダー、もしくはファンデーションをのせる

このたったふたつのプロセスで、崩れたベースメイクをケアすることができるとのこと。

「え、それだけ?」なんて思ってしまいそうですが、これはあくまでも応急処置。

美容部員さんによると、やはりメイク崩れを防ぐためのいちばんの近道は、肌を保湿しておくことなのだそう。

その美容部員さんは、夜寝る前に化粧水を最低5回はつけて、そのあと乳液やクリームで毛穴にフタをしているとのこと。また、朝メイクする前にも、化粧水だけではなく、乳液までしっかりとぬっているそうです。

特別なことをしなくても、いつものスキンケアに少しだけ手間をプラスする。それが美肌への近道です。

鼻の付け根にぽんぽん。日本人にあったハイライトの入れかたって?

20170630_beauty03.jpg

また、鼻を高く見せるテクニックも教えてくれました。

驚いたのはハイライトを入れる位置。

これまでは鼻筋全体にハイライトをすーっとのばす、という方法が当たり前だと思っていましたが、じつはハイライトをぬるのは鼻の付け根と鼻と目頭の間のくぼみ。それも、ぽんぽんとやさしくのせるだけでOK。

鼻の付け根を浮きだたせることで、自然な鼻筋を作り出してくれるそうです。

20170630_beauty02.jpg

20170630_beauty01.jpg

さらに、夏らしい顔になれるメイクテクニックを聞いてみると、

「目とチークの間に、アイシャドウのラメを指でぽんぽんとのせます。そうすることで、目の下のくまも目立たなくなるし、アイメイクとチークとのつなぎになるんですよ」

と教えてくれました。チークのつなぎを作るという発想が新鮮!

ラメが太陽の光に反射したときのキラキラ感が、夏にぴったりなのだそうです。

無料でプロにメイクしてもらえる

20170630_beauty06.jpg

今回お話を聞いた「Beauty U」では、コスメを買うことはもちろん、忙しい女性のために「10分できれいになろう(10 min. beauty)」をコンセプトとしたメイクアップ、ネイルリペアなどのサービスを受けることもできます。

とくにうれしいのは、「アイブロウ」「アイメイク」「フェイス」「リップ」のなかから1パーツ10分の無料メイクアップをしてもらえること。

仕事終わりに銀座で食事...なんて予定があれば、その前にささっとプロの手によってメイクを直してもらえるのです。

また、店内には音楽ブランド「Tropical Disco」がプロデュースした音楽が流れていたり、「Beauty U」オリジナルの香りがただよっていたりと、女子が「ずっといたい!」と思えるような居心地の良い空間になっています。

自己流だったメイクも、ほんの少しプロに手を加えてもらうだけで、新たな発見ができるはずです。

撮影(トップ、3、4、5枚目)/グリッティ編集部

こちらも読まれています

隠しイエローのファンデ。仕事帰りの顔が明るくなった #東京コスメ

欲しい。10万円で買えるダイヤモンド。ボーナスで手に入れる? #sponsored

オフィス女子なら知っておきたい「働く髪にできること」 #sponsored

Writing byGLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    2. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    3. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 丸、三角、六角形。バッグの形がどんどん自由化してる

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    9. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    10. 1日1人は新しい人と出会うっていうのを自分に課してる。佐藤ドンドコの原動力

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    4. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    9. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    10. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    7. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    8. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    9. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    ハイライトは鼻の付け根だけ。汗かく季節のメイクテク、美容部員に聞いてきた

    FBからも最新情報をお届けします。