1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. バービーはうつだった。本人がカミングアウト

バービーはうつだった。本人がカミングアウト

バービーはうつだった。本人がカミングアウト

最近、イギリスのハリー王子が自身のメンタル問題について公の場で語ったり、歌手のセレーナ・ゴメスがリハビリ施設に入っていたことを告白したりと、セレブが心の病気をカミングアウトすることが増えてきています。

そんななか、今度はなんとバービーが、うつについて初めて口を開きました。

バービーが自身のメンタルヘルスについて初告白

バービーのオフィシャルビデオブログ「Barbie Vlog」に公開された『Feeling Blue? You're not alone Episode 12』。

この動画では、バービーが赤裸々にメンタルヘルスやセルフイメージについて語っています。

I woke up this morning, feeling a little blue. No real reason that I can think of... Everyone feels like this sometimes, right?

(今朝起きたら、なんだか気持ちが少しダウンしていたの。とくに思いつく理由ってないんだけど...誰だってこんな風に感じるときがあるでしょ?)

と話すバービー。

ネガティヴな気持ちに陥ってしまうときって、「モヤモヤ悩んでいるのは、もしかしてこの世界に自分だけかも...」なんて思ってしまいます。

でも、うつは誰にでも起こり得るもの。悩んでいるのは自分ひとりだけではありません。

「私はいつでもポジティヴなイメージでしょ? でも、本当の私はそうじゃない」

続けてバービーは、ポジティヴでハッピーな自身のパブリックイメージ通りに振る舞おうとして、自分を見失いそうになってしまったことも告白しました。

I feel guilty about being sad... because I am supposed to be the upbeat positive one all the time. But I am not...

(気持ちがダウンしてしまうことを後ろめたく感じてしまうの。だって私はいつでも元気でポジティヴでハッピーなイメージでしょ? でも本当の私はそうじゃないの...)

I don't always have to be upbeat and positive. And expect that of myself is; I isn't fair

(他人の目を気にしてイメージ通り振る舞おうと、いつも明るい私でいる必要はない。それを自分に期待するのもフェアじゃないわ)

いつもチャーミングで明るいバービーにだって、気分がダウンするときがあって当然。

SNSでは一見華やかな生活を送っているように見えるセレブたちも、見えない部分では一般人と同じようにネガティヴな気持ちを抱えているのです。

また、他人から見た自分のイメージ通りに振る舞おうとするのはよくあることだけど、それって本当に大切なことなのか、疑問に思ってしまいます。

他人の評価なんて気にしないで、いつだって自分らしくいたい。私はそう思うのです。

さまざまなボディタイプの話題に続いて、まだまだ他人とはシェアしにくいメンタルヘルスについて、オープンに話してくれたバービー。

こうやって、影響力のある人たちが自身のリアルな体験を語ってくれることで、うつについての理解が深まって、誰でも気軽に話せるような雰囲気が広まっていけばいいなと思います。

METRO, The Washington Post, the fix, Dezeen

こちらも読まれています

ガガとウィリアム王子がFaceTimeで「心の苦しみをもっとオープンにしていい」と語り合う

いつだってファッションを楽しむ。働く女子のチカラになる「第2の勝負下着」 #sponsored

「背中のブツブツ、どうしたらいいの?」女医さんに聞いてみた #sponsored

Writing byTimmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    3. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 2018年のトムボーイファッション。「男性っぽく」じゃなくて「男子っぽく」

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    9. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    10. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    10. 色っぽいツヤ肌メイク。イガリシノブさんにコツ聞いてみた

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    7. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    8. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    9. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    バービーはうつだった。本人がカミングアウト

    FBからも最新情報をお届けします。