1. Home
  2. フィットネス
  3. キュッと上がった大きなお尻がセクシー。サンフランシスコでお尻ブームが超加速!

キュッと上がった大きなお尻がセクシー。サンフランシスコでお尻ブームが超加速!

キュッと上がった大きなお尻がセクシー。サンフランシスコでお尻ブームが超加速!

車社会のアメリカに移住してから、運動不足になった私...。

運動不足を解消するためにジムに通い始めて、気づいたことがあります。

それは、ジムにいる女性たちは痩せたいのではなくボディメイクのため、とくに大きくてセクシーなおしりをキープするために、エクササイズをしているということ。

いや、私、大きなおしりは目指していません...

週に2、3回ジムに通っていたら、それなりに顔なじみができてきました。

慣れてきたころに「あなたのおしりはフラットすぎるわ。もっと大きなおしりにしなきゃ!」と言われてびっくり。いや、私、大きなおしりは目指していません...。

そう言う彼女は、歳は30代半ばくらい。中肉中背のちょうど良いスタイルだけど、おしりはでっかい。

どうやったらそんなに大きく丸みのあるおしりになるんだろう? と常日頃から疑問に思っていたので、思いきって聞いてみました。

すると彼女はきっぱりと「このおしりをキープするためにジムに来ているのよ」と答えてくれました。大きくて丸みのあるおしりをキープするために、ヒップアップのエクササイズに力を入れているのだそう。

そういえば、ヒップアップのマシンはいつも満員です。

私も一度行ってみたけれど「あれ? 場違い?」と思うほど、私のようにフラットで丸みのないおしりの女性はいませんでした。

アメリカでは、キュッと上がった大きなおしりがセクシーの条件

ボリュームがあって丸みがあって、さらにキュッと上がったおしりがセクシー。アメリカでは、大きなおしりがモテる条件のひとつになっています。

とくに最近のおしりブームは、超加速。

ハリウッドでは豊尻手術がトレンドとなり、おしりが目立つドレスを着ておしりを強調したポーズをとったセレブの写真が世間を騒がせます。

この空前のおしりブームの火つけ役はキム・カーダシアンと言われていますが、思えば昔からアメリカでは大きなおしりがセクシーの代名詞でした。

ジェニファー・ロペスはおしりを振ったセクシーダンスで有名になったし、デパートの下着売り場にはおしりを大きく見せるパッド入り下着がたくさん売っています。

友人の男性に、このおしりブームについて話をすると、「胸よりもセクシーなおしりに目がいく」という意見がほとんどでした。

パンツのサイズはどうなるの? 時代はもう、大きなおしりに合わせている

でも、おしりが大きい場合、パンツのサイズはどうなるのでしょうか。

足が細くても、あれだけお尻が大きいと、サイズ0~2は入らないだろうと思います。

そういえば私のヨガの先生も、おしりは大きめ。いつも、細い体と大きなおしりのバランスがどうしてもおかしく見えてしまいます。

あんなに細い太ももに、大きく丸いおしりが入るパンツはあるの? 疑問を持ちながらアメリカのデパートをのぞいてみると...ありました!

よくよく見ると、アメリカのパンツってヒップ部分が大きい。どうりで私の体型に合わないわけです。

たとえば私が買うサイズ2のジーンズは、太もも部分は細いのに、おしり部分が余ってしまいがち。いつもズレやすいと感じていたのは、そのせいだったみたいです。

時代はもう、大きなおしりに合わせているのか...。

そんなことを考えつつ、女子たちの丸くて大きなおしりを見ながら、今日もジムで汗を流します。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

早起き。朝6時から爆音でワークアウトするオージーガール

ガードルを身につける。ファッションの楽しさぐっと広がる #sponsored

背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる #sponsored

Writing byフレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    3. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 2018年のトムボーイファッション。「男性っぽく」じゃなくて「男子っぽく」

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    9. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    10. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    10. 色っぽいツヤ肌メイク。イガリシノブさんにコツ聞いてみた

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    7. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    8. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    9. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    キュッと上がった大きなお尻がセクシー。サンフランシスコでお尻ブームが超加速!

    FBからも最新情報をお届けします。