1. Home
  2. フィットネス
  3. キュッと上がった大きなお尻がセクシー。サンフランシスコでお尻ブームが超加速!

キュッと上がった大きなお尻がセクシー。サンフランシスコでお尻ブームが超加速!

4,320

キュッと上がった大きなお尻がセクシー。サンフランシスコでお尻ブームが超加速!

車社会のアメリカに移住してから、運動不足になった私...。

運動不足を解消するためにジムに通い始めて、気づいたことがあります。

それは、ジムにいる女性たちは痩せたいのではなくボディメイクのため、とくに大きくてセクシーなおしりをキープするために、エクササイズをしているということ。

いや、私、大きなおしりは目指していません...

週に2、3回ジムに通っていたら、それなりに顔なじみができてきました。

慣れてきたころに「あなたのおしりはフラットすぎるわ。もっと大きなおしりにしなきゃ!」と言われてびっくり。いや、私、大きなおしりは目指していません...。

そう言う彼女は、歳は30代半ばくらい。中肉中背のちょうど良いスタイルだけど、おしりはでっかい。

どうやったらそんなに大きく丸みのあるおしりになるんだろう? と常日頃から疑問に思っていたので、思いきって聞いてみました。

すると彼女はきっぱりと「このおしりをキープするためにジムに来ているのよ」と答えてくれました。大きくて丸みのあるおしりをキープするために、ヒップアップのエクササイズに力を入れているのだそう。

そういえば、ヒップアップのマシンはいつも満員です。

私も一度行ってみたけれど「あれ? 場違い?」と思うほど、私のようにフラットで丸みのないおしりの女性はいませんでした。

アメリカでは、キュッと上がった大きなおしりがセクシーの条件

ボリュームがあって丸みがあって、さらにキュッと上がったおしりがセクシー。アメリカでは、大きなおしりがモテる条件のひとつになっています。

とくに最近のおしりブームは、超加速。

ハリウッドでは豊尻手術がトレンドとなり、おしりが目立つドレスを着ておしりを強調したポーズをとったセレブの写真が世間を騒がせます。

この空前のおしりブームの火つけ役はキム・カーダシアンと言われていますが、思えば昔からアメリカでは大きなおしりがセクシーの代名詞でした。

ジェニファー・ロペスはおしりを振ったセクシーダンスで有名になったし、デパートの下着売り場にはおしりを大きく見せるパッド入り下着がたくさん売っています。

友人の男性に、このおしりブームについて話をすると、「胸よりもセクシーなおしりに目がいく」という意見がほとんどでした。

パンツのサイズはどうなるの? 時代はもう、大きなおしりに合わせている

でも、おしりが大きい場合、パンツのサイズはどうなるのでしょうか。

足が細くても、あれだけお尻が大きいと、サイズ0~2は入らないだろうと思います。

そういえば私のヨガの先生も、おしりは大きめ。いつも、細い体と大きなおしりのバランスがどうしてもおかしく見えてしまいます。

あんなに細い太ももに、大きく丸いおしりが入るパンツはあるの? 疑問を持ちながらアメリカのデパートをのぞいてみると...ありました!

よくよく見ると、アメリカのパンツってヒップ部分が大きい。どうりで私の体型に合わないわけです。

たとえば私が買うサイズ2のジーンズは、太もも部分は細いのに、おしり部分が余ってしまいがち。いつもズレやすいと感じていたのは、そのせいだったみたいです。

時代はもう、大きなおしりに合わせているのか...。

そんなことを考えつつ、女子たちの丸くて大きなおしりを見ながら、今日もジムで汗を流します。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

早起き。朝6時から爆音でワークアウトするオージーガール

ガードルを身につける。ファッションの楽しさぐっと広がる #sponsored

背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる #sponsored

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    3. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    4. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    5. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方