引っ張られて、染められて。いらなくなったら切られてさよなら。朝はイライラの原因にされるし、雑に扱われるしもうつらい...!

これはとある「働く髪」の叫び。

そんな髪が、こっそり某掲示板にスレッドを立てているのを発見。 悩める髪の言い分を聞いてみました。

_________

1 名前:絶望オトメ 2017/6/18(日) 02:32:34:07 ID:TSUBAKI 2017

質問あれば答えるね。

2 名前:匿名希望 2017/6/18(日) 02:39:43:21 ID:THSudhus

濡れたまま寝たらどうなる?

3 名前:絶望オトメ 2017/6/18(日) 02:40:14:16 ID:TSUBAKI 2017

>>2
雑菌が繁殖しまくるよ。キューティクルも剥がれるしやめてほしい。

4 名前:名無しさん 2017/6/18(日) 04:49:66:13 ID:uyj33peey

1のスペックは?

5 名前:絶望オトメ 2017/6/18(日) 04:52:11:45 ID:TSUBAKI 2017

>>4
20代♀。身長は肩下20cm弱。同世代より細めかな。

6 名前:名無しさん  2017/6/18(日) 10:25:49:54 ID:kusegeuneune

一番嫌いな季節は?

7 名前:絶望オトメ 2017/6/18(日) 10:31:22:41 ID:TSUBAKI 2017

>>6
梅雨かな。嫌いな湿気がいっぱいだもん。あとあんま知られてないけど、紫外線も意外とすごいから日焼けするよ。そのうえ、外とオフィスの湿度の差が辛すぎる。

8 名前:★  2017/6/18(日) 11:23:16:29 ID:bosagegirl

辛い?

9 名前:絶望オトメ 2017/6/18(日) 12:28:11:34 ID:TSUBAKI 2017

>>8
辛いよ、毎日。ヘアアイロンとか、ドライヤーあてられるときとか歯を食いしばってる。

10 名前:★  2017/6/18(日) 13:47:58:39 ID:bosagegirl

ごめん、アイロン朝からバリバリ当ててる。梅雨のときってセットしてもすぐ崩れるから、念入りにやっちゃうんだよね。結局ダメなんだけど。

11 名前:絶望オトメ 2017/6/18(日) 14:38:29:12 ID:TSUBAKI 2017

>>10
それ、髪のせいじゃなくて湿度の差のせい。外はジメジメでぼわっーと広がって、冷房カラッカラのオフィスでそのまま固定化しちゃう。オイルシャンプーで湿気の攻撃、ガードすると、かなり調子よくなるよ。

12 名前:★  2017/6/18(日) 15:28:49:30 ID:bosagegirl

毎日洗うのダルイんだけど

13 名前:絶望オトメ 2017/6/18(日) 15:33:32:05 ID:TSUBAKI 2017

>>12
梅雨どきは皮脂分泌も盛んで地肌じっとり。気持ち悪いから洗わず寝るとかヤ・メ・テ!

人間は、梅雨どきの髪の悩みをわかってない

20170620_tsubaki2.jpg
うねるとか、広がるとか、全然まとまらないとか。
わたしたち髪としては、梅雨どきのこういう文句も聞き飽きたっていうか、なんで人間のヘアケアがいつも的外れなのか謎。

それで掲示板に書き込んで、直接みんなに聞いてみようと思ったの。

シャンプーしたくないとか言われてイラッとしたけど、わかったのは、梅雨の時期、人間は湿気ばかり気にしてるってこと。でも問題はそこじゃないんだ。

梅雨時期の髪の最大のストレスは湿気じゃなくて「湿度の差」。

梅雨だからって、ずっとムシムシしているわけじゃない。通勤電車はみんなの汗と熱気でじっとりしてるけど、オフィスは冷房が効きすぎていていつも乾燥した状態。そんな湿気と乾燥のWパンチが、髪のうねりや広がりに拍車をかける原因になっているんだ。

そもそも人間は、髪のうねりや広がるしくみを理解していない。

髪がうねるのは、髪が水分を吸収し、コントロールできないことが原因。広がるのは、髪が乾燥するのが原因。

湿気を感知すると、ダメージを受けた髪から湿気を吸収するし、乾燥するとダメージ部分から乾燥が進む。そうすると水分バランスが崩れて、髪がうねったり、広がってしまうんだ。

水分バランスを保つには、湿気と乾燥から髪を守るためのケアをしてほしいけど、ちゃんとできてる人は少数派。

梅雨には梅雨のヘアケアをしてくれなくちゃ、朝スタイリングしたってすぐに崩れてしまう。そしたら無理やりアイロンに当てられることもないのに...。

_________

知らなかった、髪がストレスフリーになる「調湿」って?

20170614tsubakiwater.jpgたしかに、髪の言う通り。

梅雨どきに髪が決まらないのは、自分の髪質やスタイリングのテクニックのせいだと思いがち。原因は「湿度の差」だったとすれば、いつものヘアケアではカバーできないのも納得です。

ただでさえ、ひっつめられたり染められたり、なにかとストレスフルな髪。そのうえ湿度の変化が髪の悩みを加速してしまうと知れば、梅雨どきの髪にできることっていったい...?

そんなオフィスでがんばる髪を守るために資生堂が開発したのが、ピンクのボトルのTSUBAKIオイルエクストラ モイストバランスケア シャンプー&コンディショナー

ピンクのTSUBAKIのすごいところは髪内部の水分量を調節してうるおいをコントロールする「調湿機能」を備えていること。雨の日の湿気からもオフィスの乾燥からも、梅雨どきの髪をしっかりガードしてくれるんです。

気になる成分は、パラベンフリー、合成着色料フリー。髪や地肌に負担をかけないノンシリコン処方(※1)で、洗い上がりの髪はサラサラの扱いやすいツヤ髪に仕上がります。

働こう、楽しもう。ピンクのTSUBAKIと一緒に

20170613tsubaki.jpg傷つきやすい梅雨どきの髪を守る、「調湿機能」という新しい要素をとりいれたTSUBAKIオイルエクストラ モイストバランスケア。それに加えて一番搾りのピュア椿オイル(※2)と、5種の植物由来美容成分&アミノ酸(※3)が配合され、ダメージを受けにくい髪に導いてくれます。

地肌の汚れをすっきり落とし、傷んだ髪を密封パック効果で集中的にケア。毛先までサラサラの指どおりのよい髪は、さわっているだけでテンションが上がります。

ほのかに甘く上品な花々の香りは、ストレスまですーっと取り去ってくれるよう。華やかなピンクのパッケージのかわいさに、仕事でトゲトゲした心も癒されます。

斬新な「調湿機能」とピュア椿オイルのちからで、梅雨どきの髪の悩みを解決してくれるTSUBAKIオイルエクストラ モイストバランスケア

20170614tsubakikami.jpg雨の日だって晴れの日だって、艶やかな髪をなびかせて歩きたい──

そのためには女性の相棒であり、元気のバロメーターでもある髪の声にも耳を傾けて。

うねったり、広がったりしていたら、それはきっと髪からのSOS。

ピンクのTSUBAKIで美髪ケアをはじめよう。

※1シャンプーのみ

※2ツヤ、毛髪補修、毛髪保湿

※3ツバキ葉エキス、レシチン、オトギリソウエキス、カミツレ花エキス、ユキノシタエキス、アルギニン:毛髪補修

TSUBAKI資生堂

イラスト/ニシクボサユリ 撮影(商品)/中山実華 写真/Shutterstock 取材・文/田邉愛理