1. Home
  2. Fashion
  3. NYのコム・デ・ギャルソン展に行ったら、アヴァンギャルドな人であふれてた

NYのコム・デ・ギャルソン展に行ったら、アヴァンギャルドな人であふれてた

1,046

NYのコム・デ・ギャルソン展に行ったら、アヴァンギャルドな人であふれてた

ニューヨーク、メトロポリタン美術館(MET)で開催中の展示「Rei Kawakubo / Comme Des Garcons : Art of the In-Between」。

これを祝して、ポップアップショップ「The Met x CDG POCKET」がオープン。エクスクルーシヴなアイテムを求める人々でにぎわっています。

アヴァンギャルドな人多し、の展示会場

20170601_met02.jpg

日本人デザイナー、川久保玲の「Rei Kawakubo / Comme Des Garcons : Art of the In-Between」。

2階分ほどの高い天井をもつ展示会場には、蛍光灯が照らす青白いライティングのもと、白い壁で縦横無尽に仕切られたスペースごとに「East / West」、「Good Taste / Bad Taste」など相反するテーマをもつ作品が並べられています。

20170601_met03.jpg

会場で目立つのは、モードマニアなニューヨーカーたち。

「コム・デ・ギャルソン」と思しきファッションに身を包む人や、グッチのレタードTシャツをさりげなく着こなすマダムなど、展示会場自体がまるでショー会場のよう。

20170601_met04.jpg20170601_met05.jpg20170601_met06.jpg

細かく仕切られた展示スペースは、まさにSNS仕様。

来場客は作品を眺めつつ、スマホで撮影。その熱心な様子に「あまり近寄り過ぎないで!」とつねにスタッフが声をかけていました。

必ず立ち寄りたい。レアアイテム豊富なポップアップショップ

20170601_met07.jpg

会場をでると、すぐ目の前にあるのがポップアップショップ「The Met x CDG POCKET」。見逃せないのが、この展示のためだけにデザインされた11アイテムです。

20170601_met08.jpg

METとコム・デ・ギャルソンがコラボしたTシャツ(65ドル)は白とグレーの2色展開で3種類。「Wear Your Freedom」はブランドのスピリットを表すかのようなメッセージです。

さっそく、感度の高い人が集まるバーニーズのレストラン「フレッズ」で、フレイドデニムにボーイシャネルのバッグ、デニムジャケットを合わせて着こなしている人を見かけました。

体は大きくてもファッション好きな男の子たちのためにXLまでつくってくれて感謝!

ユニセックスですが、サイズXS〜XLまでそろいます。

20170601_met09.jpg

1982年秋のコレクションをアップデートした黒のセーター(350ドル)。コラボTシャツに重ねても良い感じです。

20170601_met10.jpg

トートバッグは黒とベージュの2色で45ドル、二重の作りになっています。

そして「MY ENERGY FROM FREEDOM(私のエネルギーの源は自由)」のロゴが。川久保玲のファッションにとって重要な意味を持つ言葉のようです。

20170601_met11.jpg

人気のウォレットは、この展示だけのスペシャルなカラーで。小さいサイズは105ドル。

ショッピングをすると入れてくれるバッグも特別仕様。最近のニューヨークは雨が多いので、ビニールをかけて記念に大事にとっておきたい気持ち、わかります。

ほかには、ピンのセットやコート、そしてナイキとコラボした、ここだけでしか手に入らないスニーカーも。

ポップアップでは定番アイテムも取り扱っていますが、やはりエクシクルーシヴなアイテムを手にとっている人が目立ちました。

じつは会場でコム・デ・ギャルソンを着こなしている人の多くはアジア系や、年配のマダムたち。

しかし、美術館のあるアッパーイーストサイドを歩くと、このショッピングバッグを抱えた若いニューヨーカーたちもちらほら。

20170601met_12.jpg

そんな姿を見ていると「このポップアップショップが、川久保玲が世界中の人たちにさらに親しまれるきっかけになるかも」、なんて思えてきます。

撮影/神田朝子

こちらも読まれています

ベイカー恵利沙さんに学ぶ、初夏のオンオフコーデ術 #sponsored

人気インスタグラマーのやる気スイッチは「ガードル」。その活用法とは #sponsored

二の腕のブツブツ治したい...。女医に聞いた、正しいお手入れの仕方 #sponsored

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 意外とありかも! パーティドレスを活用した「ちょっとそこまでコーデ」

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. お風呂めんどくさい日の救世主。ソファで座りながら髪洗えるシャンプー

    7. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    8. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    9. メイク落とし、何使ってる?

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    3. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    4. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    7. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    8. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    9. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    10. お気に入りの曲を着信音にしちゃったら、それはもう彼を好きってことだよ

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. セフレや不倫相手以上の男が見つからない。でも、結婚したい。

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    NYのコム・デ・ギャルソン展に行ったら、アヴァンギャルドな人であふれてた

    FBからも最新情報をお届けします。