書類にPC。仕事がある日のバッグはいつも重い。

だから、せめて週末ぐらいは手ぶらで出かけたい。コンビニや散歩、コインランドリー、行きたいところはたくさんある。

そんなときに更新したくなるのが、お財布です。

収納力がすごい。紙のように薄くて軽いお財布

20170519_paper_02.jpgデニムのポケットにスマホとお財布を突っ込むだけ。そんな手軽なお出かけを叶えてくれるのが「paperwallet(ペーパーウォレット)」。

名前の通り、紙のような素材でできているのがいちばんの特徴。といっても、かなり丈夫な素材でできていてるので、強度は心配なし。

長財布もふたつ折りも、コインケース、さらにパスポートケースもあって、行き先に合わせて選ぶことができます。そして、カラフルなものや幾何学模様などデザインのヴァリエーションも豊富なので、シンプルなファッションのポイントになり得るのがうれしい!

20170519_paper_03.jpgすっきり収納できる長財布タイプ。日本の折り紙にインスパイアされた構造だそう。

20170519_paper_04.jpg手のひらサイズのコインポーチは、小銭を入れて軽く振るだけで中身をロックできるすぐれもの。

20170519_paper_05.jpgお尻のポケットにも入るふたつ折りタイプ。札入れ、カード入れ、収納ポケットがついていて収納力は抜群。

水に濡れても大丈夫。ビーチにもフェスにも連れていける

20170519_paper_06.jpgこれから始まる夏。ビーチやプール、フェス、BBQなども、身軽で出かけたいシーンのひとつ。もし水に濡れてしまったとしても、ペーパーウォレットなら安心です。

20170519_paper_08.jpgデザインが豊富なので、使うシーンを想像しながら、どれにしようかとあれこれ迷うのも楽しそう。ペーパーウォレットの色から、コーディネートを決めるのもあり。コインケースなら1,800円からと値段も手頃なので、その日の気分で合わせたくなります。

「paperwallet 」は、メディアジーンが運営するクラウドファンディングサイト「machi-ya」で現在支援募集中。プロジェクト終了は5月31日(水)20時まで。パスポートケースはmachi-yaだけで販売される限定品です。

プロジェクトの詳細は以下のリンクから。

こちらも読まれています

二の腕のブツブツ治したい...。女医に聞いた、正しいお手入れの仕方 #sponsored

「脱ぐのがもったいない!」ほど効果を発揮するガードルとは? #sponsored

オンとオフ、上手に切り替えるために身につけたいもの #sponsored