1. Home
  2. Fashion
  3. 「ステレオタイプ」なイヴァンカは、アメリカ女性の理想像?

「ステレオタイプ」なイヴァンカは、アメリカ女性の理想像?

「ステレオタイプ」なイヴァンカは、アメリカ女性の理想像?

トランプ大統領の娘として、何かと話題になっているイヴァンカ・トランプ

5月2日には、成功の秘訣を書いた本も出版しました。

現在35歳の彼女は、ビジネスウーマンとして、「20代後半〜30代の女性のロールモデル」なんて言われていますが、実際のところはどうなのか、疑問に思う部分もあります。

とくに、彼女のクローズライン「Ivanka Trump」をめぐっては、不買運動があったりと賛否両論のアメリカ。

見た目も育ちもビジネスセンスも、すべてが完璧なイヴァンカ。そんな彼女のブランドは、これまた"完璧な女性"のための服でした。

イヴァンカの服は、まさに「コンサバ」そのもの

「Ivanka Trump」を扱っているアメリカの大手デパート「Macy's(メイシーズ)」で働く友人に、イヴァンカの服って売れているの? と聞いてみると、

「まあまあ売れているわよ。アメリカ女性が好きなコンサバティヴなワンピースやベーシックなヒールなど、誰にでも似合いやすいもの。値段もちょうどいいのよね。いわゆるホワイトカラーの職業っぽい女性が買っていくわ」

とのこと。

実際商品を見てみると、まさに「コンサバ」そのもの。

花柄のフレアワンピース、ワントーンカラーのブラックやホワイト、ブルーのワンピース、レース素材のワンピース...どれも1万円ちょっとから2万円弱で、安すぎず、高すぎない値段です。

シューズも、これまたコンサバなアメリカ女性が大好きなレースアップのヒールやサンダル、ビジネスシーンでも活躍しそうなベーシックヒール、ベージュやブラックのブーティなどがそろっています。

ブロンドヘアにワンピース。いわゆる「ステレオタイプ」なイヴァンカ

私がアメリカに来て、つねに疑問に思い続けているのが「なぜアメリカ女性はこれほどワンピースが好きなの?」ということ。

さまざまなパーティに行っても、必ず体のラインにフィットしたワンピースを着ている女性があちこちにいるのです。

私が思うアメリカ女性のステレオタイプは、きれいにカールしたブロンドヘア、そしてフレアワンピースを着ている女性。実際、まわりにもこのようなファッションの女性が多いです。

そういった状況をみていると、イヴァンカは、アメリカ女性が憧れる「ステレオタイプ」のように見えてきます。

理想の世界すぎてまったくリアル感がなかった

あれだけの富を持ち、さらに見た目も美しく、ビジネスにも政治にも積極的で、なおかつママ。この"すべてを手に入れた感"が、アメリカの多くの女性の心をつかんでいるのでしょう。

とはいえ、批判的なイメージを持たれているのもまた事実。もしかしたら、どこかであの完璧さを「羨ましい!」と思う気持ちもあるのかもしれません。

先日出版された成功の秘訣を書いた彼女の本のタイトルは『Women Who Work -Rewriting the Rules for Success-(働く女性たち:成功へのルールを書き換える)』。ビジネス自己啓発のような内容で、ワントーンワンピースでポーズを取るイヴァンカが表紙です。

メディアでは批判の嵐ですが、実際手にとって読んでみる女性は意外と多そうだと思われます。

私も試しに読んでみましたが、理想の世界すぎてまったくリアル感がなかった、というのが正直な感想。

いろんな意味で注目され続ける彼女は、ファッションも本も、いわゆるアメリカ女性の「理想」がつめこまれているように思えます。

写真/gettyimages

こちらも読まれています

イヴァンカ・トランプの女性を応援したい気持ちは本音? 建前?

インスタで見つけた、ゆるめ男子。チルな雰囲気なのに世界的にすごい人らしい #sponsored

気持ち引き締まる。働く女子のパワーの源 #sponsored

Writing byフレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    2. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    3. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 丸、三角、六角形。バッグの形がどんどん自由化してる

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    9. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    10. 1日1人は新しい人と出会うっていうのを自分に課してる。佐藤ドンドコの原動力

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    4. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    9. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    10. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    7. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    8. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    9. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    「ステレオタイプ」なイヴァンカは、アメリカ女性の理想像?

    FBからも最新情報をお届けします。