1. Home
  2. Fashion
  3. バレエシューズはマスト、ヒールは5センチまで。パリジェンヌの靴選び

バレエシューズはマスト、ヒールは5センチまで。パリジェンヌの靴選び

バレエシューズはマスト、ヒールは5センチまで。パリジェンヌの靴選び

石畳の道を、ヒールで颯爽と歩く──。

そんな素敵なイメージがあるパリの街ですが、歩きづらい石畳の道を高いヒールで歩くのは簡単なことではありません。

実際、普段パリジェンヌが履いているのはスニーカーやバレエシューズ、ぺたんこサンダルなど。スタイルにこだわりつつも実用性も重視してコーディネートし、上手に履きこなしています。

カジュアルなスニーカーも、ヌーディーカラーなら上品に

スニーカーは肌になじみやすい色を選ぶと、どんなファッションにも合わせやすい。そのうえ、ヒールがなくても脚長に見せることができます。

なかでも気になっているのが、ヌーディーカラーのスニーカー。

デニム+スニーカーのカジュアルな組み合わせも、ヌーディ―カラーならやさしくエレガントな雰囲気に様変わりします。

パンツスタイルはもちろん、チュチュやひざ下スカートと合わせても実用性とファッション性を兼ねたスタイルが楽しめそう。

らくちんでかわいいバレエシューズは、パリジェンヌのマストアイテム

どこまでも歩けるほどらくちんで、かわいくて、どんな服にもマッチするバレエシューズ。

軽くて持ち運びもしやすいので、仕事ではパンプスを履いても、通勤はバレエシューズでする人も多いそう。

パリジェンヌにとってバレエシューズはマストアイテムです。

ブーティもサンダルも、ヒールはあっても5cmまで

足首までのブーティは、履ける時期が長いので1足持っていると重宝するアイテム。

ブーツカットやフレアなど、裾にボリュームのあるボトムスを履くときには、少しヒールのあるブーティを合わせるとがクールにきまります。

足が安定するので、たくさん歩いても疲れないのもうれしい。

そして、これからの季節はなんといってもサンダル。ここでもヒールは高すぎないものを選ぶのがパリジェンヌ流です。

日が長くなるとパリの人は公園へ行ってピクニックをしたり、河川敷で語り合ったりしてサマータイムを十分に満喫します。そういったときのことも考えると、やはりヒールは5cm以下という結果にたどりつくようです。

こうして見てみると、パリジェンヌのシューズは意外にも日常的なものばかり。ありふれたもののなかでも、自分のスタイルを大切にして身につけるからこそ、かっこよく見えるのかもしれません。

足が痛くてせっかくのお出かけを楽しめないのはもったいない。大切なのは自分をよく見せることではなくて、自分がいかに快適でいられるかということ。

心身ともにストレスがない状態だからこそ心から笑えて楽しめるのだ、ということをパリジェンヌは教えてくれます。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

72%はパンツ派。パリジェンヌのデニム愛を聞いてみた

オンとオフ、上手に切り替えるために身につけたいもの #sponsored

いつもパワフルな東京女子の1日に密着してきました #sponsored

Writing byELIE INOUE

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    2. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    3. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 丸、三角、六角形。バッグの形がどんどん自由化してる

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    9. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    10. 1日1人は新しい人と出会うっていうのを自分に課してる。佐藤ドンドコの原動力

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    4. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    9. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    10. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    7. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    8. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    9. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    バレエシューズはマスト、ヒールは5センチまで。パリジェンヌの靴選び

    FBからも最新情報をお届けします。