1. Home
  2. Trend
  3. iPhone、Androidアプリ
  4. オンラインパーティに誘うサンフランシスコ女子 #賛否両論

オンラインパーティに誘うサンフランシスコ女子 #賛否両論

オンラインパーティに誘うサンフランシスコ女子 #賛否両論

職場の人や女友だちから、たまにメールで送られてくる「オンラインパーティ」の誘い。

この招待状メール、よくよく読むと、「皆で一緒にオンラインショッピングをすればディスカウントがあるよ! だから買おうよ!」という話。

しかも、招待された人が買えば買うほど、そのオンラインサイトからさらなるディスカウントや商品が、パーティの主催者に届くのだそう。

自分が得するために一斉に招待メールを送るフランシスコ女子たち。

付き合いで買うべきか? 買わなくてもいいのか? なかなか難しいオンラインパーティを紹介します。

オンラインパーティの誘い。最近はメールよりもSNSが主流

メールで送られてくるオンラインパーティもありますが、最近多いのはFacebookなどのSNSを通じて招待されるパターン。この場合、単なる知り合い程度の人でも気軽に誘っていることが多くあります。

最近では、レギンスなどのエクササイズウェアのオンラインパーティが人気の様子。

そのほかによく招待されるのが、主にバッグを扱う「Thirty-One」というブランドのオンラインパーティ。このブランドはオンラインだけではなく、ホームパーティ形式でも販売しているのをよく聞きます。

日本でも下着や化粧品、洗剤など、いわゆる「ネットワークビジネス」という販売方法をとっているブランドがたくさんありますが、アメリカでもとても多いのです。

パーティと言われたから行ってみたら、販売会だった

アメリカに来たころは、友人を作るためにも、誘われたら断らずに何でも参加するようにしていました。

知り合いにホームパーティに誘われて行ってみると販売会だった、なんてことが何度かあり、最近ではそれがオンラインパーティと名前を変え、さらに気軽にSNSを通じて誘われます。

よくあるのが、ジュエリー、メイクアップ、スキンケアのオンラインパーティ。

ほかにも、インテリア、クリスマス、スプリングなどのシーズンもの、また母の日や父の日なんかのイベントものなど。ありとあらゆるオンラインパーティが存在するのです。

実際、みんな買ってるの?

オンラインパーティに誘われる度に気になるのが、実際に皆買っているのか? ということ。

先日、知り合いから「スプリングオンラインパーティ」という名の、ファッションショッピングサイトでのパーティの招待状が来たので、それを受け取った友人3人に、買うかどうか尋ねてみました。

1人目は、

「買わない。オンラインパーティはキリがないから。だって、欲しいものは自分の気に入ったブランドのオンラインショップで買いたいもの」

2人目は、

「30ドルくらいの安めの化粧ポーチをオーダーしようかな」

3人目は、

「この手のネットワークビジネスは嫌いだから、あまり買わない。でも家族や親しい友人や同僚がホストするとき、とくにクリスマスなんかだと、買うこともあるわ」

と話していました。

私は、いとこがホストしたオンラインパーティで、旅行用のバッグをふたつ購入した経験があります。

100ドル以上買ったら20ドルの化粧ポーチが無料でもらえる、と言われて購入したものの、そんなに欲しいわけでもなかった買い物でした。

オンラインショッピングを皆でしたら楽しい! という感覚はわかる気がしますが、押し付けになってしまうと難しい、というのが正直なところです。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

オンラインで集まって瞑想する。マインドフリーを目指し始めたサンフランシスコ女子

なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた #sponsored

春の自分をコンディショニング。やさしくなれる服見つけた #sponsored

フレシュラスともみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    5. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    6. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    9. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    オンラインパーティに誘うサンフランシスコ女子 #賛否両論

    FBからも最新情報をお届けします。