1. Home
  2. Fashion
  3. 春。甘酸っぱいですね。 UNTITLED BY KIKUNO

春。甘酸っぱいですね。 UNTITLED BY KIKUNO

UNTITLED BY KIKUNO

春。甘酸っぱいですね。 UNTITLED BY KIKUNO

すっかり気温も暖かくなり、春めいてきた今日このごろ。いかがお過ごしでしょうか。

なぜか毎年春って、何年経っても記憶に残るできごとが起こる季節。

春。甘酸っぱいですね

昔、20歳くらいのときかな。

好きだった男の子とどうしてもうまくいかなくて別れることになったとき、「毎年春が来ればあなたを思い出します」と書かれた手紙をもらって号泣した思い出が。

甘酸っぱいですね。いまでも思い出してくれているんでしょうか。

いまでもその男の子とは仲の良い友だちで、会うこともありますが思い出してくれている様子はいまのところ見受けられません(笑)。お互いの間に恋愛感情はもうないものの、なんだか春になると切なくなります。

あふれんばかりの制服への想い

新学期が始まる時期でもありますね。

中学生のころ、雑誌「セブンティーン」が私の愛読書で、毎年春号の制服特集が大好きだった。

鈴木えみちゃんや木村カエラちゃんが着る淡いブルーやピンクのシャツにチェックのスカート。あぁ、高校生になったらこんなかわいい制服が着たい! なんて思っていました。

あふれんばかりの制服への想い。地元の小さくて地味な中学校に通っていたので、キラキラした高校生活に憧れを抱いていた私。

私が通っていた高校は私服登校OKで、学校の正式な制服もあるんだけど、いわゆる"なんちゃって制服"を着ている人も多かったのね。やっと中学のころからの夢が実現すると思いきや、実際に着ていたのは規定の白シャツに学校の制服。

派手な制服を着たテンションの高いクラスメイトを見ていると、私はいいや、と急にすべてどうでもよくなってしまう。いまと性格変わりませんね。

これを読んでいる学生さんがいるとはあまり思えませんが、新学期、がんばってね。

お花見。駅に咲く桜を見て終了

春といえばお花見。

私は花粉症ではないのでそういうイベントごとも楽しんでできますが、ここ数年お花見に行くことはなく、毎年駅に咲く桜を見て終了。

以前働いていた場所は中目黒にあり、桜の季節になるとこれでもかと人が集まるので、どこもかしこも人だらけ。人混みが苦手な私は桜を眺める余裕などなく、うんざりしてしまい(笑)通勤のときにチラッと見るだけ。

今年こそお花見、行きたかったな。でもトイレ並ぶの嫌なんだよね。桜ってもう散り始めてる?

春は生まれ変わる季節です

寒い冬が終わり、やっと外に出たいと思える時期になりました。

出会いの季節、別れの季節なんていいますが、春は生まれ変わる季節です。嫌なことは忘れて、前向きに、新しい自分で春を迎えましょう。

このコラムでも、新しいことに挑戦できたらうれしいな。お悩み相談とか、どう?(笑)

こちらも読まれています

春の自分をコンディショニング。やさしくなれる服見つけた #sponsored

なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた #sponsored

自分から誘ってもいい。生理周期にあわせてセックスをもっと楽しむ #sponsored

Writing by菊乃

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    3. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 2018年のトムボーイファッション。「男性っぽく」じゃなくて「男子っぽく」

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    9. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    10. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. アメリカ女子がハマった。「幸せを演じる」女子の姿に思わず共感する

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    10. 色っぽいツヤ肌メイク。イガリシノブさんにコツ聞いてみた

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    7. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    8. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    9. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    春。甘酸っぱいですね。 UNTITLED BY KIKUNO

    FBからも最新情報をお届けします。