1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. フェミニストが主役のニュースレター。ポジティヴは伝染する

フェミニストが主役のニュースレター。ポジティヴは伝染する

フェミニストが主役のニュースレター。ポジティヴは伝染する

女優のエマ・ワトソンをはじめ、世界ではいま、たくさんのフェミニストたちが女性の権利をもとめて声をあげています。

そんななか、メルボルン出身の2人の女子がスタートした「To Her Door」。女性フェミニストたちをフィーチャーした、このニュースレターが注目を集めています。

ラジオ番組DJからイラストレーターまで。パワフルに活躍する女性たちをピックアップ

現在はニューヨークを拠点に活躍している、メルボルン出身のライターのミアとジャーナリストのグレイス。

2人は、世界をちょっぴり素敵な場所にするために、フェミニズム満載のデジタルニュースレターをスタートしました。

ニュースレターでは、自分自身のポリシーを大切にしながらさまざまな分野で活躍する、かしこくてパワフルな女性たちをクローズアップ。

才能あるアーティストをいちはやく発掘することで有名な、オーストラリア最大のラジオ番組「Triple J」の敏腕ホスト、Zan Rowe(ザン・ロウェ)。オーストラリアの議会で、初のモスリム出身の政治家となったDr. Anne Aly(ドクター・アンネ・アリ)。個性的なイラストでフェミニズムを表現するアーティストのFrances Cannon(フランシス・キャンノン)などを取り上げています。

悩める女子をエンパワーしてくれるバイブル的な存在

まだまだ世間は男性優位。女性だからと甘く見られてしまう場面もたくさんあります。

女性だからできないんじゃない。女性だからこそ、ちがう角度から物事を見て、思いもよらないアイデアを生み出すことができる──。

送られてくるニュースレターを読んでいると、「あれこれ考えても仕方ない。やりたいことはやりたいんだから、とりあえずやってみよう!」という気持ちになります。

女性であることは、けっしてマイナスなんかじゃない。女性であることを誇りに思いながら、アクティブに自分のやりたいことをユーモアたっぷりに楽しもう! そんなポジティヴなガールズパワーであふれています。

フェミニズムが身近になりそう。背中を押されるニュースレター

フェミニズムに関する話題が、毎回メールボックスに送られてくれるなんて新鮮。フェミニズムがもっと身近になりそうな気がします。

ポジティヴな思いではじめたことは、少しずつかもしれないけれど、世界を良い方向に変えていくはず。

あれこれ思い悩むのはもうナンセンス。思いがあったら行動してOK! と背中を押された気がしました。

To Her Door

こちらも読まれています

自分から誘ってもいい。生理周期にあわせてセックスをもっと楽しむ #sponsored

なんであんな深刻になってたんだろw 東京女子が負のループから抜け出しはじめた #sponsored

春の自分をコンディショニング。やさしくなれる服見つけた #sponsored

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. ぶっちゃけ、貯金してる?

    2. 「女子力=ゆるふわ」は終わり。心理カウンセラーに聞いたこれからの女子力

    3. いい女こそ、細部にこだわる。下着を新調するベストなタイミングっていつ?

    4. くびれキュッ、お尻プリッ。手っ取り早くメリハリラインを作る方法

    5. 「ありがとう」って言葉をこれでもか!ってくらい伝えるようにしてる #ふたりごと

    6. 「インスタ映え」はもう十分。「自分映え」で唇からなりたい自分になる

    7. いまの家族と血のつながりはない。だけど僕は幸せだ【文太の日記】

    8. キラキラ輝く瞳になるにはどうすればいい? 黄金比率に秘密があった

    9. つらい生理痛は指ひとつで和らげる。イラストでわかるツボ押しアプリ

    10. 友だちに「孤独だって思うときある?」って聞いてみた【文太の日記】

    1. 「女子力=ゆるふわ」は終わり。心理カウンセラーに聞いたこれからの女子力

    2. ぶっちゃけ、貯金してる?

    3. くびれキュッ、お尻プリッ。手っ取り早くメリハリラインを作る方法

    4. いい女こそ、細部にこだわる。下着を新調するベストなタイミングっていつ?

    5. ただヤセたいだけじゃなかった。サンフランシスコ女子が炭水化物を食べなくなった理由

    6. 「インスタ映え」はもう十分。「自分映え」で唇からなりたい自分になる

    7. つらい生理痛は指ひとつで和らげる。イラストでわかるツボ押しアプリ

    8. 片手でパカッ。簡単ワンタッチで塗れちゃうルージュ見つけた

    9. 渋谷に4畳半のクラブができた。ラムハイ片手に疲れもストレスも吹っ飛ばす!

    10. 意外と計算高いのね...。ネコが人間をメロメロにさせるのには理由があった

    1. 「女子力=ゆるふわ」は終わり。心理カウンセラーに聞いたこれからの女子力

    2. 「ヤッホー! おしり! おしり!」腸活体操する中条あやみがとにかくかわいい

    3. 仕事中、がんばりたいのにイライラしたりボーっとしたり。私だけ? 理由知りたい

    4. くびれキュッ、お尻プリッ。手っ取り早くメリハリラインを作る方法

    5. 生理中のセックスも運動もあきらめない。女子の憂うつを吹き飛ばす3つのアイテム

    6. 生理って女性だけのものじゃなかった。タンポンのキャンペーンにトランスジェンダーモデルが登場

    7. 生理前の便秘。おなら問題。女子のぶっちゃけトークがキュートなイラストになった

    8. 「インスタ映え」はもう十分。「自分映え」で唇からなりたい自分になる

    9. 意外と計算高いのね...。ネコが人間をメロメロにさせるのには理由があった

    10. キラキラ輝く瞳になるにはどうすればいい? 黄金比率に秘密があった

    フェミニストが主役のニュースレター。ポジティヴは伝染する

    FBからも最新情報をお届けします。