ファショントレンドの発信地、パリ。

道行くパリジェンヌの着こなしは、個性的で、カジュアルなのにどこか品の良さを感じます。

そんなパリジェンヌたちは、黒の使い分けが本当に上手。それぞれのシーンに合ったブラックコーデを作り上げるのです。

自由自在に「黒」をあやつるパリジェンヌ

パリジェンヌにとって黒は、「Chic(シック)」な色。

そして、彼女たちのワードローブに欠かせないのが、リトルブラックドレスです。

レストランへ行ったり、友だちの家へ招かれたときなど、よそ行きのシーンに重宝するアイテムですが、普段着としてもリトルブラックドレスを上手に取り入れています。

アクセサリーは、シンプルなゴールドネックレスで、あえてカジュアルダウンするのがポイント。パリジェンヌを象徴するベレー帽と合わせることで、「飾り過ぎないのになぜかお洒落」が実現します。

リトルブラックドレスとは違って、クールに決まるのが全身黒のワントーンコーデ。

同じ黒でも、パンツにはレザー、靴にはパテントレザーといった異素材をミックスすることで、全体のバランスが重くなりません。この足し引きのセンスの良さは、さすがパリジェンヌ。

同じく、パンツスタイルのブラックコーデ。インナーにナイロンベスト、足もとにスニーカーを合わせることで、カジュアルに仕上げています。

ボトムスにはブラックデニムを。統一感が出て上品さがプラスされます。休日スタイルでも、完全にカジュアルには振り切らないのがパリジェンヌ風。

カフェが大好きなパリジェンヌたち。天気がいいとテラス席で本を読んだり、友だちとおしゃべりしたり。

そんなシーンにも、ぴったりとハマるのが黒。まとうだけで、背伸びせず大人っぽくなれます。とくに、少し格式の高い老舗カフェに行くときには、黒を着るのが「シック」に決まるいちばんの近道のよう。

こちらは、使っている色を見ると決して派手ではないのに、彼女のセンスの良さを感じるコーディネート。エメラルドグリーンのファーが、ブラックコーデに馴染みながらもひときわ映えています。

パリジェンヌにとって、ファッションで欠かせない黒。

フランスでは「制服」の概念がほとんどないので、普段着としてだけでなく、オフィスシーンでも黒を着ていることが多いのです。

オンとオフに合わせて、エレガントにもカジュアルにも、自由自在に黒を着こなすパリジェンヌ。それぞれの個性やセンスを輝かせながら「黒」を楽しんでいます。

写真/gettyimages

こちらも読まれています

保湿もやり方によっては無駄?盲点だった肌ケア #sponsored

なぜか勇気もらえた。いま話題の「モアナチャージ」ってなに? #sponsored

気持ちの切り替えが上手な人、下手な人の共通点 #sponsored