1. Home
  2. Fashion
  3. ミレニアル世代のラグジュアリー。オルセン姉妹がこだわるのは、フィット感

ミレニアル世代のラグジュアリー。オルセン姉妹がこだわるのは、フィット感

ミレニアル世代のラグジュアリー。オルセン姉妹がこだわるのは、フィット感

ファッションスナップで、ただならぬ雰囲気を醸し出すメアリー・ケイトとアシュレーのオルセン姉妹

けっして派手ではないのに、なんだかすごく目を引いて、思わずじっと見入ってしまう。それは、ほんとうの服好きだけが成せるハイセンスな着こなしだから。

ファッション好きの理想を叶える、ニュー・ラグジュアリー

いまやファッション界でも確固たる地位を築いた2人がクリエイター、そしてデザイナーを務めるブランドのひとつが「Elizabeth and James(エリザベス アンド ジェームス)」。

昨年、大手アパレルメーカーから自社生産に切り替え、原点回帰したというエリザベス アンド ジェームスが提案するのは、「ニュー・ラグシュアリー」です。

彼女たちが話すニュー・ラグジュアリーとは、手軽なプライスで最高の素材とフィット感、さらに非の打ち所のないカット、シンプルでシーズンレスなアイテムのこと。

まさに、ファッション好きの理想といえるコンセプトです。

プチサイズなふたり。こだわるのは、フィット感

ふたりは丸顔の童顔、しかも160センチに満たない小柄な身長。けっしてモデルのようにマルチになんでも似合ってしまうタイプではないはず。

でも、スナップでみる彼女たちは、プチサイズには難しいといわれるロングやマキシ丈のボトムにフラットシューズやスニーカーを合わせるスタイルも難なく...というより、モデルよりも素敵に着こなしてしまいます。

その秘密は「フィット感」。

子どものころから、大人の服を自分たちのサイズに直して着ていたそう。だから、どんなアイテムも自分のものにしてしまうんです。

たしかに、体に合わない服を無理やり着ていても素敵には見えません。とってもプチなふたりだからこそ、のこだわりです

春らしいヌードやピンクなどのパステルなカラーパレットは、ちょっとしたディテールの差で膨張して見えたり、野暮ったく見えることも。

でも、仕立てとフィットに自信のあるエリザベス アンド ジェームスなら、思い切ってトライする価値がありそうです。

現在30歳。ずば抜けたスケールで生きているオルセン姉妹

もっとも成功している30歳として紹介されることが多いオルセン姉妹。いわゆるミレニアル世代でもあります。

プライベートでは、ふたりともかなり年上のパートナーと過ごしているようです。

アシュレーは最近58歳のボーイフレンドと破局したといわれていますが、47歳のフランス人銀行家と結婚したメアリー・ケイトは、仕事をしながら養子ふたりを育て、週末は乗馬をするという生活を送っているそう。

そんなふたりから感じるのは、ずば抜けたスケールの大きさ。

弱冠30歳とは思えない、年齢を超えたパワーを公私ともに感じます。しかも、センスの良さは子役時代からお墨付き。彼女たちがクリエイトするファッションは、いまでなかった服好きの「ほしい!」をたくさん叶えてくれるはず。

オルセン姉妹がリードするエリザベス アンド ジェームス、これからも注目です。

Elizabeth and James, NET-A-PORTER, The CUT

こちらも読まれています

センスに磨きがかかる。オルセン姉妹「The Row」のフラッグシップストアへ行ってきた

外国人みたいに、目と眉の距離を近づけるには? #sponsored

直帰したくない夜はモアナ・チャージ。ディズニー新作映画で心が気持ちいい〜って叫んでる #sponsored

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 意外とありかも! パーティドレスを活用した「ちょっとそこまでコーデ」

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. お風呂めんどくさい日の救世主。ソファで座りながら髪洗えるシャンプー

    7. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    8. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    9. メイク落とし、何使ってる?

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    3. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    4. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    7. トイレで5秒ストレッチ。カチコチ腰をさくっとほぐす

    8. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    9. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    10. お気に入りの曲を着信音にしちゃったら、それはもう彼を好きってことだよ

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    5. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. セフレや不倫相手以上の男が見つからない。でも、結婚したい。

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    ミレニアル世代のラグジュアリー。オルセン姉妹がこだわるのは、フィット感

    FBからも最新情報をお届けします。