1. Home
  2. Fashion
  3. ディオール革命。「私たちはフェミニストになるべき」と言い切る

ディオール革命。「私たちはフェミニストになるべき」と言い切る

ディオール革命。「私たちはフェミニストになるべき」と言い切る

革命かも。

昨年2016年の夏に発表された「Dior(ディオール)」の新アーティスティックディレクター、マリア・グラツィア・キウリ。メゾン史上初の女性として大きな話題になりました。

そして、2017年、春。マリア初のコレクションが手にはいる季節がやってきました。やっぱり着たくなるのは、レタードファッション。マリアが描くフェミニズムがストレートに伝わってきます。

ディオールが、新しい女性観をリードする

「DIO(R)EVOLUTION」。マリアによる、ディオール革命のはじまりです。

@lolessempereがシェアした投稿 -

そして、もうひとつは、「WE SHOULD BE ALL FEMINISTS」。"私"ではなく、"私たち"がフェミニストになるべき、と言い切る強さがマリアにはあります。

フェミニストTシャツは、有名雑誌の表紙でも多く使用されています。フランス人モデルのLaetitia Castaは、国際女性デーに合わせて、Diorの冊子で着用。

イギリス人モデルのKaren Elsonは、「ファッションの未来が女性である理由」の特集を掲載したThe Guardian紙で着用。

オーストラリア人モデルのJess Picton-Warlowは、『RUSSH Magazine』の表紙で。ガーリーな雰囲気は、フェミニストは強さだけじゃないことを表してくれているよう。

「We Should All Be Feminists」とスピーチしたアフリカのフェミニスト

ナイジェリア出身の作家、Chimamanda Ngozi Adichie(チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ)は、『Stylist Magazine』の表紙に登場。

彼女が書いたフェミニズムについてのエッセイのタイトルが「We Should All Be Feminists」。2012年には、TEDx talkでスピーチをしています。

それにインスピレーションを受けたマリア。チママンダと想いはともにあるはず。ちなみに、ビヨンセもスピーチに感銘を受け、『***Flawless』という歌のなかで、チママンダの言葉を引用しています。

ゆっくりだけど、確実にひろがりつつあるいまの時代のフェミニズム。自分は自分でいい、と思える女性がますます増えてきています。

Dior

写真/gettyimages

こちらも読まれています

直帰したくない夜はモアナ・チャージ。ディズニー新作映画で心が気持ちいい〜って叫んでる #sponsored

素っぽいのに美人。「目と眉の間」が重要でした #sponsored

保湿もやり方によっては無駄?盲点だった肌ケア #sponsored

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. 寝転びながらかかとでポンポン。キュッと上向きのお尻になる

    2. まさに救世主。つらい生理痛を和らげてくれるナプキン

    3. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    4. いまの恋の自信度は何パーセント? 質問に答えて確かめたい

    5. 2泊3日の韓国旅行。女子旅って楽しい! #ふたりごと

    6. 「ティファニーで朝食を」が生まれ変わった。パーカーにデニムの気軽さがうれしい

    7. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    8. 発想に脱帽。アクセサリーを作るプラモデルにワクワク止まらない

    9. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    2. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    3. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    4. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    5. 結局、一生いじめや争いが完全になくなることはない【文太の日記】

    6. 「ティファニーで朝食を」が生まれ変わった。パーカーにデニムの気軽さがうれしい

    7. 寝転びながらかかとでポンポン。キュッと上向きのお尻になる

    8. 発想に脱帽。アクセサリーを作るプラモデルにワクワク止まらない

    9. いまの恋の自信度は何パーセント? 質問に答えて確かめたい

    10. 30秒じっとするだけでお腹ほっそり

    1. 生理の3Dアニメでタブーを打破。このシュールさがどこか懐かしい...

    2. パンプス履くとき、靴下どうしてる?

    3. おめでとう! メーガン・マークルが結婚でゲットしたもの

    4. 衝撃...。生理用品をTシャツや靴下で代用している女性がいる

    5. 買い物はスマホでずる賢く。いまどき女子のマイルール

    6. 30秒じっとするだけでお腹ほっそり

    7. バツイチ歴18年目。「結婚」について考えてみた #ふたりごと

    8. 生理用品、何使ってる?

    9. あ、アソコ蒸れてる...。デリケートゾーンの不快感をささっと拭き取るウェットティッシュ

    10. 「ひさこ、ダサい」と言われたことをずっと忘れられないでいる #ふたりごと

    ディオール革命。「私たちはフェミニストになるべき」と言い切る

    FBからも最新情報をお届けします。