1. Home
  2. Fashion
  3. ディオールに続き、ジバンシィに初の女性デザイナーが就任。ファッションの流れが変わりつつある #GIVENCHY

ディオールに続き、ジバンシィに初の女性デザイナーが就任。ファッションの流れが変わりつつある #GIVENCHY

ディオールに続き、ジバンシィに初の女性デザイナーが就任。ファッションの流れが変わりつつある #GIVENCHY

今年2月、これまで12年間「GIVENCHY(ジバンシィ)」のクリエイティブ・ディレクターを務めてきたリカルド・ティッシがブランドを去ることが発表され、後任が誰になるのかと憶測が飛び交っていました。

ジバンシィ初の女性デザイナーは、クレア・ワイト・ケラー

そしてジバンシィは、3月16日に、これまで「Chloé(クロエ)」のデザイナーを務めてきたクレア・ワイト・ケラーがその役を担うことを発表しました。彼女は、ジバンシィにとっては初めての女性デザイナーとなります。

20170317_givenchy_02.jpg 「クレア・ワイト・ケラー」と言われてピンと来なくても、最近の(いつも?)クロエってかわいいいな、と思われている人は多いのではないでしょうか。

New York Timesは、彼女がクロエにいた6年間と、その前の「Pringle Of Scotland(プリングル オブ スコットランド)」にいたときのデザインを合わせて、「スラウチー・シック」と評しています。

Chloéさん(@chloe)がシェアした投稿 -

大手メゾンの女性トップデザイナーは、まだまだ少数派

大手メゾンのトップデザイナーに女性が就任するのは、ジバンシィに限らず、じつは比較的めずらしいこと。

2016年には、「Dior(ディオール)」も初の女性クリエイティブ・ディレクターのマリア・グラツィア・キウリを迎えて話題になりましたが、まだまだ少数派。

もちろんココ・シャネルやミウッチャ・プラダ、ジル・サンダーといった女性有名デザイナーはいるのですが、みんなそのデザイナー自身か、その家族が立ち上げたブランドなんです。女性向けの最高の服を追求している人たちは、主に男性なんですね。

でもいま、その流れが変わりつつあるようです。

ジバンシィもディオールも、ともにラグジュアリーファッション界最大手「LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)」の傘下にあります。そのなかではもうひとり、「Celine(セリーヌ)」のクリエイティブ・ディレクターであるフィービー・ファイロも女性。

クレアのジバンシィは原点回帰を目指す

クレアを迎え入れたジバンシィがどんな方向に向かうのかというと、どうやらブランドの原点回帰を目指しているよう。ジバンシィのフィリップ・フォルトゥナトCEOはプレスリリースのなかでこう期待を表しています。

メゾンの65年に渡るヘリテージと、アトリエに根付くサボア・フェールの思想。これらを紐解き、クレアはジバンシィに新たなる大きな可能性を生み出してくれることでしょう。

そしてクレア自身もこのように語っています。

ユベール・ド・ジバンシィが長年に渡り築いた、この自立した女性像は、いつも私のインスピレーションの源として存在していました。この伝説的なメゾンの歴史の一部となれることを、非常によろこばしく光栄に思っています。

新生ジバンシィが見られるのは、今年10月のパリ・ファッション・ウィークでの2018年春夏コレクションとなります。

ユベール・ド・ジバンシィが『ティファニーで朝食を』で見せたドレスのように、グッとくるクリエーションを期待しています!

写真/Steven MEISEL

GIVENCHY, New York Times

こちらも読まれています

「私は移民」ファッション界を支えるモデルやデザイナーが集結 #NYFW

MIKITYPEのカリグラフィーかわいい! アディダスの3本線に描かれたレタードファッションが登場

保湿もやり方によっては無駄?盲点だった肌ケア #sponsored

Writing byGLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    6. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    7. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    8. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    9. 冬こそシースルーソックス。春をひとさじ加えてみる

    10. もうUV怖くない。紫外線の量がわかるネイルチップ

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    3. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    7. お猫さまはやっぱり賢い。「かわいい」のプロフェッショナルという生き方 #ねこのひげ

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 「デブ」「ブス」「モンスター」ネガティヴな言葉を強さに変えたビューティブロガー

    10. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    6. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    7. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    8. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    ディオールに続き、ジバンシィに初の女性デザイナーが就任。ファッションの流れが変わりつつある #GIVENCHY

    FBからも最新情報をお届けします。