もしいま自分が結婚してたら? もしあのとき違う道を選んでいれば...。

自分の気持ちに素直でいたいけれど、いろんなところで触れる情報に心がゆらぐ。

仕事でも恋愛でも決断をせまられて、悩みがつきません。

肌の乾燥も悩みのひとつ。とくに季節の変わり目は、メイクのりも悪いし、さらに気分が凹みます。

そこでグリッティ読者を対象に乾燥にまつわるエピソードを調査。アンケート結果から見えてきたのは、乾燥肌との必死な戦いでした。

スキンケア後1分が勝負。ひび割れ乾燥肌エピソード

170303glitty_saiki_5.jpg

「ファンデーションを塗るときは、化粧水・乳液を塗ったら速攻で。1分たったらもうきれいにのらないので、毎朝、臨戦態勢」(30歳/メーカー勤務)

「乳液を顔に塗る前に、手に吸収されてしまう」(24歳/販売)

「保湿しても保湿してもすぐに乾燥してくるから、"砂漠肌"ってこういうことなんだって実感してる。最近は、砂漠の写真を見ると、自分の肌を連想するようになった」(24歳/編集)

「セールになっている洋服を夢中で見ていたら、試着室の鏡にうつった自分の顔にギョッ。眉間や口もとが乾燥で粉をふいていて、ショッピング熱が一気に冷めた。まずは顔のケアが先だった...」(29歳/経理)

「奮発して買った海外ブランドの化粧水。その夜、ワクワクして肌につけたが、そもそも肌が乾燥しすぎて、しみて使えなかった」(31歳/販売)

クスッと笑ってしまうエピソードから、思わず「うんうん」とお互いを慰めたくなるものまで、みんなの乾燥による肌悩みはつきません。

でも、化粧水も乳液も、毎日ちゃんとつけているのに、時間が経つと結局肌が乾燥してしまうのはなぜ?

調べてみると、その原因は肌の構造にあることがわかりました。

保湿の盲点。たっぷり化粧水・乳液をつけても隙間から水分が逃げ出している

170303glitty_saiki_4.jpg

本来の状態のいい肌というのは、肌の奥でいくつもの細胞がきれいに積み重なっており、細胞どうしがぴったり密着している状態。

ところが、いくら保湿しても繰り返す乾燥肌は、この細胞が弱まって小さくなり、隙間ができてスカスカな状態に。その隙間から水分が蒸発し、うるおいが失われてしまうというわけ。

化粧水や乳液は保湿をすることが主な役割。ただ水分を与えるだけでなく、肌の奥底の細胞の乱れを立て直すケアが重要ってこと。

繰り返す乾燥肌に必要なのは「医薬品」

とはいえ仕事をしていると、皮膚科に行ったほうがいいのかな...と思っても、思うように動けないことがあります。でもどんなに忙しくても、できる限り肌はきれいにしておきたい、というのが正直な気持ち。

そんな気持ちにピタッとハマったのが、保水治療ローションの「Saiki(さいき)」です。ドラッグストアで買えるうえに医薬品なのがうれしい。

170303glitty_saiki_1.jpg

さいきa 第2類医薬品 効能・効果 : 乾皮症・小児の乾燥性皮ふ

肌荒れで皮膚科を受診すると、「ヘパリン類似物質」を主成分とする薬を処方されることがあります。この「ヘパリン類似物質」には、弱まってしまった肌の保湿力とバリア機能を取り戻し、新陳代謝を促す機能があるんです。

そしてSaiki」にもこの「ヘパリン類似物質」が配合されています。

洗顔後の素肌に。すーっと肌になじむ、さらっとした使い心地

170303glitty_saiki_2.jpg

さいきa 第2類医薬品 効能・効果 : 乾皮症・小児の乾燥性皮ふ

洗顔後の清潔な肌につけると、スーッと肌になじんでいきます。肌に触れた瞬間の印象は、刺激を感じない、とてもやさしい使い心地。

弱酸性、無香料、無着色、アルコールフリー、パラべンフリーだから、デリケートに傾いた肌にも、赤ちゃんにも使える肌にやさしい処方です。「Saiki」がしっかりなじんだら、その後にいつものお気に入りのスキンケアを使ってもOK。

あ、肌が乾燥してる...と思ったときに「Saiki」があれば、ひとつプラスするだけでいいからすごく気がラク。

悩みが変化してきても、それに合った対策さえ知っていればあわてなくて済む。肌も自分も「変化していくのは当然」と思えたら、これからの自分がさらに楽しみになってきます。

あきらめていた、さまざまな肌の悩み。スキンケア医薬品で解決しよう!

小林製薬のスキンケア医薬品

Saiki

Sponsored by 小林製薬株式会社

撮影(商品)/田所瑞穂 写真/Shutterstock,PIXTA