1. Home
  2. Trend
  3. キャリア
  4. 「本当にひとりで大丈夫なのだろうか」という心配は常にあった。 #東京ときどき心理学

「本当にひとりで大丈夫なのだろうか」という心配は常にあった。 #東京ときどき心理学

東京ときどき心理学

「本当にひとりで大丈夫なのだろうか」という心配は常にあった。 #東京ときどき心理学

こんにちは。

心理カウンセラーの小高千枝です。

40歳を過ぎてから、物事の見方や人との付き合い方、仕事への取り組み方など。様々な場面でフランクに向き合えるようになって、あまり惑わされなくなりました。

「生きやすくなった」自分を実感して、おもしろいなぁと感じています。

30代で起業と離婚、ビジネスパートナーとの別れが同時期にやってきた

20170204_codaka_03.jpg30代の自分を振り返ってみると、世間に認めてもらいたくて、強がったり、いきがったり、背伸びをしていたり...。表面的には平気なふりをしていてもどこか不安で、心がザワザワしていたなって思います。

30歳で起業して、離婚とビジネスパートナーとの別れが同時期にやってきました。サロンの移転やらダメ男との恋愛やら...。

数えると"せわしなさ"はキリがありませんでした。そんな怒涛の30代を過ごしてきたからこそ、40歳を過ぎたいまの自分にたどり着いたのは事実。

起業をしたきっかけは、"起業"という選択肢しかなかったから。

当時、成功者のいない分野に足を踏み入れたこと自体無謀なことをしている、と思われていました。自分のこだわりにとても頑固な一面を持っているので、周囲が心配するほど「チャレンジしている!」という感覚は無かったんです。

やりたいことをやる――。シンプルに自分の生き方を貫き通してきただけ。

「本当にひとりで大丈夫なのだろうか」という心配は常にあった

20170204_codaka_05.jpgただ、仕事に対して強気な私でも変なところで繊細。離婚とビジネスパートナーとの別れは気持ちの整理をすることには時間がかかりました。

「本当にひとりで大丈夫なのだろうか」という心配は常にあって、そんな弱気でいると、お付き合いをする男性が"ダメ男"だったとしても "イイ人"と思いたかったのでしょう。そこに逃げていたのだと思います。

いわゆる心理学でいう"認知のゆがみ"です。自分の心の安定をはかるために、自分のなかで感情的な決めつけをしてしまっていました。

そんなときは、他人に指摘をされても受け入ることができず...。

でも、心のどこかではわかっていました。わかっていたけれど、素直になれない自分がいるから本当に厄介。

でも、そのうちにそんな自分がバカバカしく思えてきて、時間の経過とともにダメな自分の受け入れと、パターン化した"逃げ"をしっかりとみつめられるようになり、とっても楽になっていったのです。

自分にとって大切なものをさらっと選択できるようになる

20170204_codaka_02.jpgまた、「心理カウンセラー」「メンタルトレーナー」としての鎧をつけていた私。社会的ポジションを確立するまでは本質的な"自分らしさ"を出し過ぎてはいけない、という目的をもっていたことも影響しています。

仕事をするうえで "目的"をもつことは大切ではあるけれど、自分のキャパシティや無理をし過ぎていることに気が付いたとき、緊張の糸がほどけ、「もういいかな」と解放してあげました。

もちろん、何度も何度も同じことを繰り返し、落ち込み、殻に閉じこもり、それでも最終的には前を向く選択をし続けてきたからこそ、ここまでくることができたのかなと感じます。

東京って、良いことも悪いことも、楽しいことも面倒なこともたくさんあります。モノも情報も、そして人間関係も。

色々な意味で充実していますが、30代での学びが40代の心の豊かさに意味をもたらします。余計なものを上手に回避し、自分にとって大切なものをさらっと選択できるようになる――。

そんな風になるためにも、30代はその感覚を養う時期。自分を信じて、その後の人生をもっとおもしろく、気張らずに生きられるようになるために。

こちらも読まれています

出勤して瞑想。ランチして瞑想。サンフランシスコ女子、瞑想にはまる

スプレーすると服が光る。近未来感出る防犯グッズ

彼が私を好きになる... #近未来に恋をする

小高千枝

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    2. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    3. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    4. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    5. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    6. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. カイリー・ジェンナーが最も成功した女性起業家に。自分で稼ぐのってやっぱりかっこいい

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 夏。レトロな柄の水着でビーチの主役になる

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    5. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    6. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    「本当にひとりで大丈夫なのだろうか」という心配は常にあった。 #東京ときどき心理学

    FBからも最新情報をお届けします。