1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. ピンクの猫耳目立ってた。反トランプの #WomensMarch

ピンクの猫耳目立ってた。反トランプの #WomensMarch

ピンクの猫耳目立ってた。反トランプの #WomensMarch

1月20日(現地時間)、米国ではついにドナルド・トランプ大統領が正式に誕生しました。

でもその就任式は閑散としていて、バラク・オバマ前大統領の2009年の大統領就任式参加者が180万人と推定されているのに対し、今回の参加者は16万人程度だったと見られています。トランプ大統領サイドは、そんなメディアの見立てを非難することに躍起になっています。

就任式をはるかに上回る人数が参加

一方、就任式をはるかに上回る人を集めたのが、その翌日に世界各地で行われた「Women's March」。

「Women's March」は、女性や移民、イスラム教徒、有色人種、LGBTの人たち、またはそんな多様な人が共存することが大事だと感じる人たちが、その権利を訴えるために開いたイベント。ワシントンだけでも50万人近く、世界全体では480万人ほどがマーチに参加したと言われています。

ピンクの猫耳ハットは反トランプの意志

そのなかで目についたのがピンクの帽子をかぶった人たち。

これを提案したのは、Jayna ZweimanさんとKrista Suhさん。彼女たちは、「Women's March」でトランプ政権への抗議の意志を示すべく猫耳の帽子をかぶろうと考え、「Pussyhat Project」と名付けて世界に訴えました。

プロジェクトのWebサイトでは、簡単にできる帽子の編み方が公開されています。

女性だけではなく、男性も猫耳の帽子をかぶってマーチに参加していました。

ちなみに「Pussy」は「子猫」という意味を持つほかに、「女性器」の隠語でもあります。かつてトランプ氏が「女のPussyをつかんでやる」という発言をしたことがこの名前の理由だそう。

この帽子をかぶった人はデモのなかだけでなく、私の住んでいるニューヨーク郊外でも週末中ちらほら見かけました。

私が見た人のなかには、若い女性も、かなり年配の女性もいました。フューシャピンクのネコ耳帽子に同じ色のレギンス、黒のアウターでコントラストを利かせたお洒落なおばさまでした。

20170126_womansmarch_02.jpg安全ピンのムーヴメントもそうですが、一般の人が気負いなく乗れる意思表示の方法が自然発生してくるのがアメリカらしいと感じます。学生でも若い女性でもおばあさんでも、政治に関して意見を言うのがふつう、というカルチャーがあることも一因だと思います。

とはいえ、そんなカルチャーでオープンな議論があったうえで、トランプ・ショックが起きたのも事実。だからこそいま、こうしてみんなで声を上げていかなきゃいけないと感じているのです。

Pussyhat Project, New York Times, Business Insider

写真/gettyimages

こちらも読まれています

プラカードは博物館で展示。その想いは歴史に残るインパクトだった #WomansMarch

生活は「朝の習慣」で変わる #sponsored

年をとるたびに女としての自信を失う。でも、結婚したい。

福田ミホ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. こんな89歳になりたい! 草間彌生は時代をスケボーで駆け抜ける

    5. はあちゅうさんインタビュー「結婚は自分の価値を決めるものじゃない」

    6. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 「化粧したい!」と思わせてくれる。オージーガールが夢中の「Tarte」って?

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 菊乃さんの素顔が知りたい。1日の過ごし方は? しあわせを感じる瞬間は?【ライフスタイル編】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. 前後にごろんでOK。シャンシャン体操でお腹引き締める

    10. シルエット命。カーディガンを旬に着こなす5秒テク

    1. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方