GLITTYの会員システムは、2018年2月26日より新システムに移行いたします。

システム移行作業にともない、2月23日15時~2月26日15時の間は、マイページのご利用を停止させていただきます。

会員の皆様にはご不便おかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

  1. Home
  2. Trend
  3. SNS
  4. ピンクの猫耳目立ってた。反トランプの #WomensMarch

ピンクの猫耳目立ってた。反トランプの #WomensMarch

ピンクの猫耳目立ってた。反トランプの #WomensMarch

1月20日(現地時間)、米国ではついにドナルド・トランプ大統領が正式に誕生しました。

でもその就任式は閑散としていて、バラク・オバマ前大統領の2009年の大統領就任式参加者が180万人と推定されているのに対し、今回の参加者は16万人程度だったと見られています。トランプ大統領サイドは、そんなメディアの見立てを非難することに躍起になっています。

就任式をはるかに上回る人数が参加

一方、就任式をはるかに上回る人を集めたのが、その翌日に世界各地で行われた「Women's March」。

「Women's March」は、女性や移民、イスラム教徒、有色人種、LGBTの人たち、またはそんな多様な人が共存することが大事だと感じる人たちが、その権利を訴えるために開いたイベント。ワシントンだけでも50万人近く、世界全体では480万人ほどがマーチに参加したと言われています。

ピンクの猫耳ハットは反トランプの意志

そのなかで目についたのがピンクの帽子をかぶった人たち。

これを提案したのは、Jayna ZweimanさんとKrista Suhさん。彼女たちは、「Women's March」でトランプ政権への抗議の意志を示すべく猫耳の帽子をかぶろうと考え、「Pussyhat Project」と名付けて世界に訴えました。

プロジェクトのWebサイトでは、簡単にできる帽子の編み方が公開されています。

女性だけではなく、男性も猫耳の帽子をかぶってマーチに参加していました。

ちなみに「Pussy」は「子猫」という意味を持つほかに、「女性器」の隠語でもあります。かつてトランプ氏が「女のPussyをつかんでやる」という発言をしたことがこの名前の理由だそう。

この帽子をかぶった人はデモのなかだけでなく、私の住んでいるニューヨーク郊外でも週末中ちらほら見かけました。

私が見た人のなかには、若い女性も、かなり年配の女性もいました。フューシャピンクのネコ耳帽子に同じ色のレギンス、黒のアウターでコントラストを利かせたお洒落なおばさまでした。

20170126_womansmarch_02.jpg安全ピンのムーヴメントもそうですが、一般の人が気負いなく乗れる意思表示の方法が自然発生してくるのがアメリカらしいと感じます。学生でも若い女性でもおばあさんでも、政治に関して意見を言うのがふつう、というカルチャーがあることも一因だと思います。

とはいえ、そんなカルチャーでオープンな議論があったうえで、トランプ・ショックが起きたのも事実。だからこそいま、こうしてみんなで声を上げていかなきゃいけないと感じているのです。

Pussyhat Project, New York Times, Business Insider

写真/gettyimages

こちらも読まれています

プラカードは博物館で展示。その想いは歴史に残るインパクトだった #WomansMarch

生活は「朝の習慣」で変わる #sponsored

年をとるたびに女としての自信を失う。でも、結婚したい。

Writing by福田ミホ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    2. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    3. お手本はオリビア・パレルモ。アシンメトリーなミディアムスカートで春をエッジィに迎える

    4. 仕事でのストレスは溜まらない。やる気はあるけど執着心はないオージーガールの働き方

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 無心で見ちゃう...。猫のチョコケーキがくるくる回る

    7. バーバリーチェックが虹色になった。LGBTQ+をハッピーに応援

    8. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 海外の人気コスメが集結する「Sephora」に行きたくて仕方ない!

    1. いま、恋してる?

    2. ありのままの自分も意外と悪くないじゃん! コンプレックスが好きになれるプロジェクト

    3. あなたはどのニャンコ? 性格から猫タイプが分かっちゃう

    4. 仕事でのストレスは溜まらない。やる気はあるけど執着心はないオージーガールの働き方

    5. もっといい人がいるかも? って思っちゃう。でも、結婚したい。

    6. 女性同士で落としあってたら先に進まないじゃない? #ふたりごと

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. 【ライター募集】グリッティで記事を書いてみませんか?

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. 合コン以来、初めてふたりきりで会った男女の会話 #東京で恋をする

    3. もうスッケスケ。2018年のランジェリーはヌーディに着る

    4. お風呂、いつ入ってる?

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 女子のアソコのプリントアート。人それぞれでなんか気持ち軽くなった

    7. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    8. パリジェンヌが驚いたのは、東京女子のあの習慣

    9. 答えは体幹。身長150センチ台のオルセン姉妹がモードを着こなせる理由

    10. 「似合う眉毛が分からない...」スマホでさくっと診断できるサービスできた

    ピンクの猫耳目立ってた。反トランプの #WomensMarch

    FBからも最新情報をお届けします。