1. Home
  2. Fashion
  3. 春。柄を着る。パワーもらう

春。柄を着る。パワーもらう

春。柄を着る。パワーもらう

落ちこんだとき、弱気になったとき、自分に自信がないとき。

ポップでカラフルな柄は、パワーをくれる。

「それどこの?」って会話が弾んじゃうのもまた、柄ものの魅力。

ファッションは自分を表現するキャンバスだとよく言われるけど、とくに柄ものは自分の個性を上手に表現してくれます。

変わった柄でいつものスタイルに新鮮さを

2016年から引き続き、2017年も派手なプリント旋風がファッション業界では巻き起こっているけど、せっかくならちょっと変わった柄を取り入れてみるのおもしろそうです。

なかでも、オーストラリアのブランド「gorman」には、わくわくする柄が勢ぞろい。

なんとも珍しいロブスター柄のトップス! 彼女らしさが光るチョイスと、とびきりの笑顔。

自然体な感じでとてもよく似合っています。

珍しいトラ柄トップス。こういういままでにないアニマル柄は新鮮です。

(@_missdoors)が投稿した写真 -

柄のワンピースを一枚着れば、それだけで完成。もうほかに何もいらないのが、柄の魅力です。

元気な花柄は、フレッシュでいつもと違う自分にしてくれる。そして、大胆な花柄プリントのドレスは、女性らしさ、上品さのなかに、強さや勇気も感じられます。

ふたりの自信のある素敵な笑顔が、本当に美しい。

柄×柄で個性を惜しみなく表現。自分らしいスタイルを楽しんでいる人ってやっぱり清々しい表情でかっこいい。

柄を着ることに慣れていなくても、ワンポイントでモノトーンと合わせてみると新鮮な雰囲気になります。

靴下でさりげなく取り入れるのもスタイリッシュ。

柄で自分を変化させる

お気に入りの柄を味方につけて、普段の自分とは少しちがう、いつもより大胆な自分になってみる。

すると、いつもはちょっと消極的でも、柄の洋服を身にまとうと、「私を見て!」って気持ちになれるから不思議です。

いつもより人と会いたくなって、話したくなる。そして、自然と周りにも笑顔があふれる。

弱気な自分にさよならして、大胆な自分になりたいから、私は柄を纏うのです。

写真/Shutterstock

[gorman]

こちらも読まれています

バッグはミニマムで手ぶら極める #Valentino

アイスブルーでハイウエスト。90年代のデニムをいま履きたい

美人がやってる朝の習慣 #sponsored

殿村美咲

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    10. イテテ...。生理痛で眠れない夜は、膝を抱えると良いみたい

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    春。柄を着る。パワーもらう

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More