1. Home
  2. Trend
  3. 健康
  4. タンポン8本分の経血をキャッチする生理用品。つけたままセックスもできる?

タンポン8本分の経血をキャッチする生理用品。つけたままセックスもできる?

18,374

タンポン8本分の経血をキャッチする生理用品。つけたままセックスもできる?

最近ますます活発になってきた、テックフレンドリーに生理の悩みを解決してくれるアイテム。

以前紹介した、スマホと連動して交換時期を教えてくれるタンポンに加えて、なんと、使用しながらセックスもできる生理用品「FLEX」が、カリフォルニアのふたりの女性によって発案されました。

タンポン約8~10本分の経血をキャッチする

FLEXさん(@flexisfun)が投稿した動画 -

医療現場でも使われている、低アレルギー性の超うす型ゴムで作られたFLEX。

膣から子宮けい部に向けて挿入し、骨盤の一部である恥骨に引っかけることで、流れてくる経血をキャッチする、という画期的なアイテムです。

膣のなかに入れると、まわりの黒い縁部分が体温と同じ温度に変化。それぞれの膣の形に合わせてフレキシブルに変形するため、着けている違和感はありません。

FLEXさん(@flexisfun)が投稿した写真 -

何層もの折り目になっている中央のキャッチャー部分が、経血をしっかり受け止めてくれるので、漏れの心配もなし。なんと、タンポン約8~10本分の経血量をキープすることができ、連続で約12時間装着ができます。

朝出かける前に装着しておけば、その日一日生理のことを気にせず過ごせそう。働く女性に重宝されそうなアイテムです。

装着したままセックスも可能

FLEXさん(@flexisfun)が投稿した写真 -

FLEXの使いかたは、とてもシンプル。

袋から取り出したFLEXを、指でつまんで折り曲げ、人差し指で膣内に挿入していきます。奥まで到達したら、指を上に押し上げ、子宮けい部にフタをするような感覚でFLEXを持ち上げる。

そして、恥骨の後ろにもたれ掛けさせるように引っかければ完了です。

取り出すときは、縁部分に指を引っかけて真っ直ぐ引き出せば、経血が膣のなかでこぼれることもありません。

タンポンのように膣全体を防いでしまわないので、装着したままセックスだってできます。

すべての女子が自分の体に自信が持てるように

FLEXさん(@flexisfun)が投稿した写真 -

FLEXの設立者であり、CEO(最高責任者)のローレン・ショウルティーは、昔からひどい生理痛に悩まされてきたのだそう。

また、同じくパートナーのエリカ・ジェンセンは、初潮を迎えたとき、学校の先生から「タンポンやナプキンは恥ずかしいものだから、人に見られないようにしなさい」と告げられたことが、いつも心に引っかかっていたのだとか。

そんなふたりの経験から、FLEXには、すべての女性が毎月の生理をもっと快適に過ごし、自分の体に自信を持てるように、との思いが込められています。

経血や不純物が膣内に流れていくことがないので、タンポンやナプキンを使用するより衛生的かもしれません。膣内がいつもすっきりとしそうです。

スタイリッシュなパッケージに入って、デザイン性も抜群なFLEX。ポーチに忍ばせておきたいアイテムです。

[The FLEX COMPANY]

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

もう共感しかないネトフリ作品。リアルだから胸に刺さる #グリならギズなら

これってPMS? 症状チェックリスト #sponsored

3割増し美人に見えるメガネ #sponsored

Timmy

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 菊乃さんの素顔が知りたい。1日の過ごし方は? しあわせを感じる瞬間は?【ライフスタイル編】

    5. こんな89歳になりたい! 草間彌生は時代をスケボーで駆け抜ける

    6. 「化粧したい!」と思わせてくれる。オージーガールが夢中の「Tarte」って?

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    10. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. シルエット命。カーディガンを旬に着こなす5秒テク

    7. 同僚を勘違いさせてしまった。好意がないことを伝えるには?【解決しない恋愛相談室】

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. 前後にごろんでOK。シャンシャン体操でお腹引き締める

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    1. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    7. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    8. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    タンポン8本分の経血をキャッチする生理用品。つけたままセックスもできる?

    FBからも最新情報をお届けします。