オイル美容。真っ先にぬるべきは足の裏のつま先

オイル美容。真っ先にぬるべきは足の裏のつま先

顔も体もうるおっていたいから、オイルを使ってケアをする、オイル美容を取り入れる人が増えています。

オイル美容はもはや当然

美容のトレンドに敏感な女性たちの間では、オイル美容は当然。アンチエイジング、乾燥対策といった目的別にオイル美容を実践しています。

アロガンオイル、ホホバオイルといった基本となるキャリアオイルに、植物から抽出されたエッセンシャルオイルがブレンドされたプロダクトを使って、フェイス、ボディ、ヘアと全身をケアするのは、もはや特別なことではなくなりました。

足のつま先からぬる

そんなオイル美容ですが、じつは、意外な場所にオイルをすりこむと、より効果があるそうなんです。

インドで家族代々伝わるアユールヴェーダのレシピで作られたオイルブランドUMAの創設者によると、エッセンシャルオイルのいちばんの利点は、肌にぬるだけでなく、肌を通して血流に吸収されることで生まれるとのこと。

そして、足の裏、とくにつま先は、体の中でも皮膚が薄く、そこにぬられたオイルは、血流に吸収されやすいのだそうです。

ヘルシーなライフスタイルを提唱しているサイト「GOOP」では、グウィネス・パルトロウらハリウッドセレブにもファンが多いことで有名でもあるUMA の創設者が、効果的なオイルの使い方をシェアしていました。

エッセンシャルオイルの効果的な付けかた

1.指と指でエッセンシャルオイルをとって馴染ませる

2.足の裏、とくに皮膚が薄いつま先にこすりつける

3.手首をマッサージする。手首は、つま先と同じく皮膚が薄く血流も集まっているパーツ

4.こめかみと耳の裏を押さえながら、手についた匂いを吸い込むように息を吸う

GOOP」より抜粋翻訳

このようにオイルを、皮膚の薄いつま先と手首にすりこませることで、血流を通して、効果的に体全体に行きわたっていくそうです。

自分の肌って気持ちいいな、と感じられるように、オイルケアは、足の裏と手首から、と覚えておきます。

※ エッセンシャルは直接使わず、アロガンオイルやホホバオイルなどキャリアオイルで希釈してから使用します。

GOOP

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

目的と肌質で変わる。美容効果を高めるオイルの使い方

クリスマスに。ティファニーのジュエリー8選 #sponsored

冬の紫外線対策。盲点だった横顔のケア #sponsored

オイル美容。真っ先にぬるべきは足の裏のつま先

この記事を気に入ったら、
いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。