1. Home
  2. Trend
  3. Vote
  4. 直したいのはネガティブな性格。イライラしても何もしない #女子のホンネ

直したいのはネガティブな性格。イライラしても何もしない #女子のホンネ

直したいのはネガティブな性格。イライラしても何もしない #女子のホンネ

これまで、恋愛、美容、悩み、仕事などのいろいろな観点から、読者のリアルに迫った質問をしてきたグリッティ。

読者の本音がわかる回答結果は、意外と思えるものから、そうなんだ、と納得できるものまで様々。

今回ご紹介するのは、自分の内面について。直したい性格は? という質問やイライラしたときの解消法などから、読者の内面との向き合い方をひも解きます。

直したい性格は?

ある程度、年齢と経験を重ねて、自分のことを客観視できるようになったいま。自分がどういう性格なのかもわかってきました。

良いところも悪いところもひっくるめての自分。だけど、やっぱり「ここ直したいな」と思う気持ちはあるんです。

そこで聞いてみた「あなたが直したい性格は?」という質問の結果がこちら。

一番多かったのが、「ネガティブ」で30%。続いて、「怒りっぽい」「自分勝手」が上位に入りました(※)。とはいえ、自分では欠点と思っていても、他人から見ると長所だということは意外とあります。真っ向から否定するのではなく、多角的な視点で見つめてみることが大切です。

>>記事を読む

バッグのなかに必ず入っているものは?

性格は、その人の持ち物からもうかがい知ることができます。

スマホに財布、仕事道具にハンカチ。バッグに入れるのは、だいたいこれでいいはずなのに、つい持ち歩いてしまう"あるモノ"...。

じつはそんな余計なものこそ、その人自身を物語ってくれるのです。

もっとも多かったのが、27%の「飴やチョコなどのお菓子」(※)。たしかに夕方5時くらいになると、頭が疲れてきて、甘いものが欲しくなります。バッグに忍び込ませたお菓子は、リフレッシュの助けになっているようです。

>>記事を読む

自分のことピュアだと思う?

社会に出てだんだんと現実を知ってくると、見えるのは「いいもの」ばかりではありません。意地悪な人もいれば、理不尽なこともある。

それでも、子どものときのような純粋な気持ちは忘れたくない、というのが正直なところです。

そこで、自分をピュアだと思うかどうか聞いてみました。

自分をピュアだと思う人が59%、思わない人が41%という結果になりました(※)。SNSが当たり前になって、いろいろな情報があふれるいまの時代こそ、ピュアな目で物事を見ることが大切なのかもしれません。

>>記事を読む

イライラ解消法は?

イライラするのって嫌だし、イライラしてる自分も嫌。

でも、人間は社会的な生き物。何かが原因でイライラしてしまうのは仕方がありません。大切なのは、そのイライラした気持ちをどう処理するか。

そこで、イライラ解消法を聞いてみると...

1位は28%で「何もしない」という結果に(※)。「イライラするのはしょうがない」と割り切って、気持ちがおさまるのを待つ人が多いのかもしれません。2位で27%の「友だちに愚痴る」は納得。やはり女性は人に吐き出すことで、心がすっきりするようです。

>>記事を読む

※2016年11月29日現在

撮影/出川光 文/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. これはお洒落...なのか? バレンシアガのインスタがいろいろカオス

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    直したいのはネガティブな性格。イライラしても何もしない #女子のホンネ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More