1. Home
  2. Fashion
  3. 行き当たりバッチリ! でサバイブしたい。#ふたりごと

行き当たりバッチリ! でサバイブしたい。#ふたりごと

ふたりごと

行き当たりバッチリ! でサバイブしたい。#ふたりごと

久美ちゃん、来年の計画って。もう、そんな時季だね。

最近、プライベートのスケジュールには、あえて余白を作るようにしてるんだ。

仕事を独立したばかりのときは、3か月先まで、誰とどこで何を食べるかまで決めてたのに、いまはその逆。

スケジュールに余白を作って良いなと感じてるのは、スペシャルなお誘いに対応できること。

急に行ってみたい! と思う場所ができてもその時間がちゃんととれる。事前に決めていた予定に従うんじゃなくて、自分のその日の気分で、好きに選ぶことができる。

そんな行き当たりばったりも悪くないと感じています。

「行き当たりバッチリ!」な日々をサバイブしたい20161116_hnamekata_02.jpg

ニューヨークの美術館で。何を表現するか、ではなくどう表現するかを問うミニマリズムが好き。

20161116_hnamekata_03.jpg

人が観ているのを撮るのも好き。

「行き当たりバッチリ!」

これ、仲良しの友人がよく言ってる言葉。結構お気に入り。

物事を深く考えて考えて、考え抜いて実践してきた人だからこそ、使いこなせる言葉なんだと思う。

私も「行き当たりバッチリ!」な日々をサバイブしたい。

「行き当たりバッチリ!」って、直感力や臨機応変のテストみたいなもの。そのとき、その場で自分だったらどうするか、がいつも試されてるのと同じ。

だからこそ、習慣的に頭を使って「考える」ことを大切にしてる。一見、何かを考えているって思っていても、堂々めぐりになっているだけのことってよくある。あとは、脳みそってすぐに逃避行しちゃうから、何を「考える」のかも明確にしておく。

というわけで、私の来年の予定は、ほぼまだ未定。4月のポルトガルへの出張だけは決まってるけどね。

仕事で13点をとった...

20161116_hnamekata_05.jpg少し前までは、苦手より得意を伸ばすほうが合理的!って思ってた。だから、苦手なことは、うまいこと言い訳して避けてきたんだ。

でも、そうじゃないときもあるんだなって気づかされた。というのも、先日、クライアントに報告書を提出したら、「13点!」って言われてしまったの。13点って! 追試? いやいや、社会人として落第だよね。

そして、「考える」をちゃんとしてみた。仕事の本質や自分が仕事をする意味を、頭をリセットして「考えた」。

そうしたら、いまは踊り場から次のステップに上る、いい機会なんじゃないかと思えてきて。自分の現状や価値観を別の角度から見るきっかけをくれたんだって。大人になったつもりでも、いちいち自分を見つめ直すタイミングってやってくる。うまくいっていると思っていたら、ガツンと来て、また出直していくイメージ。

「右肩上がり」ってよく言うけれど、勉強や仕事ってそんなスムーズには上っていけない。階段を上ったら、踊り場にたどりついて、そしてまた上っていく――。

踊り場が長いとへこたれそうになるけれど、そこでは、いつもとちがう角度から客観的に自分を見て、原因を深く考えることで、次のステップへのヒントがあるんじゃないかな。

いま、苦手なことにぶつかってる

20161116_hnamekata_06.jpg最近は、苦手でも自分が克服したほうがいいと思うことは、とりあえずぶつかってみることにしてる。

そこで始めたのは、トークセッション。たくさんの知らない人の前で、自分の考え方や、想いをお話する会。質問にはすべて本音でお答えします。

12月3日に名古屋であるのだけど、5月に呼んでいただいてから今回で2回目。

ここだけの話、人前で話すのはとってもとっても苦手! でも、この会は、Instagramで私を見つけてくれた女の子たちが、自分たちの力だけで企画運営してくれるスペシャルでアットホームな会。だから、自分をぜんぶ出して、一緒に切磋琢磨していけたら、と思ってる。

大きなこと言っちゃうと、この活動がゆくゆくは名古屋の女の子たちのためにもなるような会にしていきたい。そのくらいの想いを持って、全力でぶつかってます。

久美ちゃんは「ちがう角度から見たら、ぜんぜんちがった!」って驚いたこと、最近あった?

行方ひさこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    3. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    4. 菊乃さんの素顔が知りたい。1日の過ごし方は? しあわせを感じる瞬間は?【ライフスタイル編】

    5. こんな89歳になりたい! 草間彌生は時代をスケボーで駆け抜ける

    6. 「化粧したい!」と思わせてくれる。オージーガールが夢中の「Tarte」って?

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. シルエット命。カーディガンを旬に着こなす5秒テク

    7. 同僚を勘違いさせてしまった。好意がないことを伝えるには?【解決しない恋愛相談室】

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. 前後にごろんでOK。シャンシャン体操でお腹引き締める

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    1. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    2. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. GUのマシュマロパンプスが最高。無難な色で妥協するのはもうやめた

    7. 眼福。SNSで有名になったキアラの結婚式がいろいろすごい

    8. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    9. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    10. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    行き当たりバッチリ! でサバイブしたい。#ふたりごと

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • ウカ(uka) ネイルオイル 18:30(イチハチサンゼロ)〈フェミニンな香り〉 5ml
      • 向原商事
      • by Amazon.co.jp
      • ウカ(uka) ネイルオイル 24:45(ニイヨンヨンゴ)〈リラックスできる香り〉 5ml
      • 向原商事
      • by Amazon.co.jp