1. Home
  2. 恋愛
  3. 東京には1,335万人。運命の人がいるって信じてる #女子の本音

東京には1,335万人。運命の人がいるって信じてる #女子の本音

東京には1,335万人。運命の人がいるって信じてる #女子の本音

これまで、恋愛、美容、悩み、仕事などのいろいろな観点から、読者のリアルに迫った質問をしてきたグリッティ。

読者の本音がわかる回答結果は、意外と思えるものから、そうなんだ、と納得できるものまで様々。

今回ご紹介するのは、恋愛について。何回目のデートでキスしてる? という質問や出会いを求める場などから、読者の恋愛に対する考え方をひも解きます。

どこで出会ってる?

現在の東京都の人口は約1,335万人。

電車に乗っていても、街を歩いていても、とにかく人でいっぱいです。それなのに、いいなと思う人にはなかなか出会えない、というのが現実。

そこで、読者はどこで出会っているのか、聞いてみました。

だんとつで多かったのが、43%で「友だちに紹介してもらう」(※)。やはり、自分のことをよく知っている友だちからの紹介は信頼できそうです。

意外だったのは、3位の「出会い系SNS」を活用するという意見。ネットでの出会いが一般的になってきているのが伺えます。

>>記事を読む

初デートでテンションが下がるお店は?

いい出会いがあったら、次に来るのが初デート。

どれだけ経験を重ねても、気になる人との初めてのデートはいつだってドキドキします。

でも、なかには、ちょっと自分の予想と外れた雰囲気のお店に連れて行かれた、という人も。

そこで、初デートで行きたくないお店を聞いてみると...

1位は「学生が多いお店」で36%、次いで「チェーン店の居酒屋」で22%という結果に(※)

学生が多い店やチェーン店は、どうしても賑やかになりがち。初めてのデートは、ふたりっきりの時間を静かに過ごしたい人が多いようです。

>>記事を読む

何回目のデートでキスしてる?

初デートも緊張するけど、もっとドキドキするのが初めてキスする瞬間。

たとえ付き合っている相手だけじゃなくても、デート相手や気になる人とそういう雰囲気になることがあります。

そこで、何回目のデートでキスするか聞いてみたところ、以下のような結果になりました。

いちばん多かったのは、「3回目のデート」でキスするという声(※)。ある程度お互いのことがわかってきたタイミングでキスする人が多いようです。

とはいえ、「デート以前」にキスするという人が10%いるのも事実。キスをしてみてから初めて気づく気持ちもあるはずです。

>>記事を読む

運命の人っていると思う?

「結婚しないの?」って聞かれるけど、そんなの正直自分だってわからない。

別に結婚しない、と決めているわけじゃないし、どこかに運命の人がいるかもってどこかで思ってます。...確証はないけれど。

そこで、運命の人はいると思うか、聞いてみました。

運命の人は「いる」という人が92%という結果に(※)。みんな心のどこかで運命の人を探しているのかもしれません。

>>この記事を読む

※2016年11月9日現在

撮影/田所瑞穂 文/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. これはお洒落...なのか? バレンシアガのインスタがいろいろカオス

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    東京には1,335万人。運命の人がいるって信じてる #女子の本音

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More