1. Home
  2. Trend
  3. キャリア
  4. 最近泣いたのは悔しくて。働くならフリーランスがいい #女子の本音

最近泣いたのは悔しくて。働くならフリーランスがいい #女子の本音

最近泣いたのは悔しくて。働くならフリーランスがいい #女子の本音

これまで、恋愛、美容、悩み、仕事などのいろいろな観点から、読者のリアルに迫った質問をしてきたグリッティ。

読者の本音がわかる回答結果は、意外と思えるものから、そうなんだ、と納得できるものまで様々。

今回ご紹介するのは、仕事について。職場でのデニムはあり? なし? という質問やイライラ解消法などから、読者の仕事との向き合い方をひも解きます。

好きなことを仕事にしたほうがいいって本当?

まだ社会人になる前、「好きなことを仕事にしたほうがいいよ」ってよく言われました。

みんながなんとなく、漠然と思っていること。でも、それって本当に正しいのかな、と疑問に思います。ただまわりに流されて、そう思い込んでいるだけなのかも...。

そこで、心から望む働き方は何なのか、聞いてみました。

1位になったのが、「働きたくない」で33%。また、2位は「フリーランス」で32%という結果に(※)。もっと自由な環境で仕事をしたり、趣味とか遊びとか別のことに時間を使いたい、というのがみんなの本心のようです。

>>記事を読む

デニムで仕事ってあり? なし?

会社に入っていると、自由にできないことのひとつに「服装」が挙げられます。

カジュアルにもきれいめにもどんなスタイルにも合うデニムは、職場でだって履いていたいのが本音。でも、カジュアル過ぎるからだめという職場もあると聞きます。

そこで、職場でのデニムのありなしを聞いてみたところ...

「履ける」という答えが60%、「履けない」と答えた人が40%いました(※)。オフィスファッションの自由化は、これからどんどん進んできそうです。

>>記事を読む

イライラ、どうやって解消する?

仕事をしていると、たまにはイライラする日もあります。

でも、イライラしてしまうのは人間なので仕方がないこと。大切なのは、そのイライラした気持ちをどう処理するか、です。

そこで、イライラしたときの解消法を聞いてみると、以下のような結果になりました。

一番多かったのが、それぞれ26%の「友だちに愚痴る」と「何もしない」(※)。イライラしてもそのままにしておく人が多いのは意外な結果でした。

>>記事を読む

仕事で泣いたことある?

仕事って、自分ひとりだけじゃできないからこそ、思い通りになりません。

うれしい! とか、悔しい! とか感情を揺さぶられる出来事が毎日のように起こります。ときには感情と一緒に涙が出てくることも。

そこで、最近仕事で泣いたことはあるか、聞いてみました。

飛び抜けて多かったのが、「悔しくて泣いた」という人(※)。涙が出る、ということは、それだけ真剣に向き合っているからこそ。もしかしたら、涙は一生懸命生きている人へのプレゼントかもしれません。

>>記事を読む

※2016年11月2日現在

イラスト/ニシクボサユリ 文/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. 高学歴・高収入・高身長。あなたが男性に求めるものは? #女子のホンネ

    9. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    10. これはお洒落...なのか? バレンシアガのインスタがいろいろカオス

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. ありそうでなかった広告画像。スリムとプラスサイズのモデルが同じドレスを着たら...

    5. 「頬ぷりライン」ある? 思わず見とれるみずみずしい肌の秘密

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. タンポンを開発したのは男性だった! 意外と知らない生理のトリビア

    8. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 終電を逃すと厄介だ。でもぼくは「帰る場所」を手に入れた #終電と私

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. ギクッ! 女子のちょっとお下品な生態がイラストになった

    4. 下着の捨てかた、どうしてる? #女子のホンネ

    5. 体、毎日洗ってる? #女子のホンネ

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. イマドキ女子が目指すのは「うるおった透明肌」。スキンケアのコツをプロに聞いてみた

    10. 目標はキム・カーダシアン。ぷりっとお尻をつくる整形が人気

    最近泣いたのは悔しくて。働くならフリーランスがいい #女子の本音

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More