1. Home
  2. 旅・観光
  3. ハロウィンに本気を出すNYのおばあちゃん

ハロウィンに本気を出すNYのおばあちゃん

ハロウィンに本気を出すNYのおばあちゃん

先日、ニューヨークのアッパーイーストサイドを散歩していたときに遭遇した上品なおばあちゃん。

目に入ってきたのが、スカルや蜘蛛の巣といった不気味なものを袋から取り出して、せっせと飾っている姿。

ハロウィンは悪霊を遠ざけ、死者を悼むイベント

201610125_halloween_ny_02.jpgいよいよ来週の月曜日、10月31日に迫ったハロウィン。

日本でも盛り上がっていますが、本場アメリカはそれ以上です。

20161025_halloween_ny_03.jpg20161025_halloween_ny_04.jpgそもそもハロウィンとは、現在も祝われている世界最古のイベントのひとつ。アメリカではクリスマスの次くらいに盛り上がります。

仮装して「トリック・オア・トリート」をしてお菓子をもらったり、ハロウィンをテーマにしたパーティで楽しんだりするのが、いまのハロウィン。でも本来は、邪悪なものや、幽霊、悪霊、魔性を遠ざける意味があります。

20161025_halloween_ny_05.jpgケルト暦の最終日がハロウィンの行われる10月31日。もともと異教徒たちが死者を悼むための日でした。

そして、2000年以上も前からキリスト教に改宗した人たちによって「All Saints Day(11月1日。天国の諸聖人を祭るキリスト教の祝日)」の前日、「All Hallows Eve(聖人の前夜祭)」と親しまれてきたのがハロウィンです。

20161025_halloween_ny_06.jpg20161025_halloween_ny_07.jpgストリートを死者が徘徊する?

古代ケルト人はハロウィンの夜、ストリートを死者の魂が徘徊すると信じていました。なかにはフレンドリーじゃないものもいるため、その邪悪を鎮め、翌年の豊作を願う意味も込めて、ギフトやお菓子を備える風習が始まりました。

20161025_halloween_ny_09.jpg20161025_halloween_ny_10.jpgこれがトリック・オア・トリートの起源のようです。

アメリカでは、ハロウィンキャンディは20億ドルも売り上げるそう!

20161025_halloween_ny_11.jpg大人になっても遊び心を忘れないニューヨーカーたち

通りを徘徊する悪霊に生身の人間と気づかれないように、と始まったハロウィンの仮装。

私の住むニューヨークではいま、子どもも大人もコスチュームのことで頭がいっぱいです。「アナ雪」のエルサのドレスは、いまだに女の子に人気でマンハッタンでは入手不可能だそう。

20161025_halloween_ny_13.jpgハロウィンを思いっきり楽しみたいのは、コンサバな地区、アッパーイーストサイド、カーネギーヒルのおばあちゃんも(おじいちゃんも?)同じ。資産家の老人が多く住むこの地域は、ハロウィンのハウス・デコレーションが怖いことで有名です。

20161025_halloween_ny_14.jpgハロウィンのテーマカラー、オレンジは秋の収穫、ブラックは暗黒と死を意味するとか。

夜ひとりで歩いていたら、小走りになりそうな怖さ...。

20161025_halloween_ny_16.jpg20161025_halloween_ny_17.jpgその本気度にくすっと笑ってしまいます。でも、大人が遊び心いっぱいにイベントを楽しむ姿、悪くありません。

こちらも読まれています

男子は「ハロウィンにはりきり過ぎる女子」が正直しんどい

スマホの中身はいまの自分。29歳東京在住エディターの場合

「いま買うでしょ」決めたら、徹底的に買うサンフランシスコ女子

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    2. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    3. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    4. 生理中のセックスに罪悪感いらない。経血を吸収してくれるブランケット

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    1. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    2. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. 家にあるアレを再利用するだけ。服のシワを予防するパッキング法

    5. ノースリーブが似合う二の腕に。両腕くるんとエクササイズ

    6. 湯船、どれくらいの頻度で入る?

    7. 機内の乾燥は砂漠以上。CAに聞いたうるおい肌を保てるワケ

    8. カイリー・ジェンナーが最も成功した女性起業家に。自分で稼ぐのってやっぱりかっこいい

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. 夏。レトロな柄の水着でビーチの主役になる

    1. 【タイプ別】ゲッターズ飯田の2018年下半期占い。この1年、どう締めくくる?

    2. スタバがストローを廃止。新しい飲み口付きフタ、意外となじんでる?

    3. やっぱ世界共通なんだね。他人には見せない女子の本性

    4. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    5. ドライヤーめんどくさい。この夏、髪を乾かすのがぐっとラクになる

    6. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 早く海行きたい。寝転びエクササイズでプリッと上がったお尻になる

    9. あなたは大丈夫? 正しいムダ毛処理のやり方をチェック

    10. 変化を感じるアラサー肌。いまの自分にいちばん合うスキンケアが知りたい

    ハロウィンに本気を出すNYのおばあちゃん

    FBからも最新情報をお届けします。