相手に無理して合わせるんじゃなくて、等身大の自分のままで恋愛したい。

理想はそうだけど、どうしても相手の気持ちを振り向かせたくて、ついがんばりすぎてしまうことがあります。

でもそのがんばりが、じつは男性は「しんどい」と思っていたとしたら...!?

今回のテーマは、「酔っぱらった宣言をする女子」について。

「お酒を一緒に飲めるのは楽しいしうれしいけど、酔っぱらうまで飲まれると、色々だらしなさそうに見えるよね。『酔っぱらっちゃった』ってかわいこぶられても、正直、ちゃんと自分の足で家まで帰ってねって思う」

「男に"酔った宣言"をする時点で、心のどこかで期待しちゃう。でも、もしその子と付き合ったら、酔っぱらった流れでほかでも浮気しそうで心配。飲み会に行くなとも言えないし、結局長くは続かないかな〜ってところまで想像しちゃう」

「しょっちゅう酔っ払われても付き合いきれない。酒癖が悪かったり、酔って絡まれたりしたら、なおしんどい」

酔った姿はたまに見るからいい

お酒を一緒に楽しめるのは、お酒好きの男性にとっては好まれます。ただし毎日飲んでいたり、毎回酔っぱらってるイメージがつくと一転、だらしなさそうに思われてしまいます。酔った姿をかんたんに見せるのは控えましょう。

安心して付き合えない

「酔っちゃった」と言われると、男性は一瞬あわい期待を抱きます。ただ、もしそのまま付き合うことになったらと考えると、ほかでも酔った流れで浮気しそう...と容易く想像でき、安心して付き合えません。一夜限りの関係にはなっても、本命にはしてもらえない可能性があります。

正直めんどくさい

ほろ酔い程度はかわいく見えますが、タクシーを拾わなくてはならなかったり、帰り道の心配までさせられるような酔っぱらいは、正直しんどいです。

たまに、ちやほやされていると勘違いする人がいますが、そのまま置いて帰るわけにはいかないので、仕方なく世話しているだけ。酔った勢いでなんでも許されると思っている女性に、男性は面倒くさいと思っています。

結論

男子にとっては、「酔っぱらった宣言は面倒くさい」というのがホンネです。一緒に飲めるからと誘われる機会は多くあっても、毎度酔われては、本命としてのチャンスは減っていくでしょう。

女子の「酔っちゃった」で釣られる男のほとんどは、一夜の関係を期待しているだけ。本気で好きな人には「かんたんに酔った姿を見せる女性であってほしくない」と思っています。

ここぞというときにだけ、宣言するようにしましょう。

あわせて読みたい

わたしって、もしかしてイタい...? オフィスにひそむ落とし穴 #sponsored

男子は「週末旅行」が正直しんどい #男子の本音

外食なしの生活なんて絶対無理。でも、結婚したい。

写真/Shutterstock