1. Home
  2. Cosmetics
  3. ヘア・メイク
  4. 人生は短い。何度もリップを塗り直す時間はない

人生は短い。何度もリップを塗り直す時間はない

人生は短い。何度もリップを塗り直す時間はない

「人生は短い。だからリップスティックを何度も塗りなおす時間はない」

そんな想いから、とことん色もちの良さを追及したニュージーランド発のリップスティックブランドが、日本に上陸(※)します。

ブランド名は創設者と同じ名前で、「Karen Murrell(カレン・マレル)」。

20160818_karen02.jpgカレル・マレル リップスティック 全20色 各2,400円(税抜)

「唇に触れるものには何ひとつ不快なものを使いたくない」

と語るカレン。

そのため、リップスティックに使われているのは、健康や環境にいい天然成分のみ。パッケージもリサイクルペーパーやソイインクで作っているという徹底ぶりです。

20160818_karen03.jpg

配合されているカルナバワックスとエモリエント成分で、暑い日でも崩れず、きれいに発色し続ける色もちの良さを叶えてくれます。

唇に塗ると、見たままの色で鮮やかに発色。顔色がパッと明るい印象に変わりました。

20160818_karen_murrell01.jpg

色は全部で20色。すべての肌、目の色に合う色を作りたい、との想いから、豊富なバリエーションが展開されています。

それぞれの色の名前は、すべてカレンの好きなものがつけられているのだそう。

20160818_karen04.jpg

なかでも、20本目を記念して作られた「トゥルー ラブ」は、発売してから2回売り切れになった人気アイテム。青みがかったレッドカラーです。

「女性が初めて赤い口紅をつけたときのよろこびを表現しています。フィアンセと旅行に行ったとき、お互いに見つめ合ったときに思いついた名前なの」

なんだか縁起のいいリップの予感。

何よりも女性のため、を考え抜いたカレン・マレルのリップスティックたち。リップを塗り直す時間が減ったら、そのぶん楽しい時間が増えそうです。

※2016年9月4日(日)よりイセタンミラー ルミネ荻窪店で発売。9月14日(水)より全国のイセタンミラーで順次展開。

[Karen Murrell]

文/グリッティ編集部

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    人生は短い。何度もリップを塗り直す時間はない

    FBからも最新情報をお届けします。