1. Home
  2. お出かけ
  3. コーヒーの第4の波。NYではコールドブリューを飲んでいる

コーヒーの第4の波。NYではコールドブリューを飲んでいる

コーヒーの第4の波。NYではコールドブリューを飲んでいる

毎日30度を越す暑さ。

普段はホットラテを仕事のパートナーにしているけれど、こう暑いと、飲みたくなるのがひんやり冷たいアイスコーヒー。どうせならおいしいものを飲みたくなります。

そこで、東京と同じく夏真っ盛りのニューヨークから、日本でも話題になりつつあるCold Brew Coffee(水出しコーヒー)情報をお届けします。

ソーホー女子が大好きな「ラ・コロンべ」

20160809_lacolombe.jpg

雲ひとつない真っ青な空の下、週末の昼下がりに訪れたのは「La Colombe(ラ・コロンべ)」

ソーホー店は高い天井と、壁のペインティングが洒落た空間です。

20160809_lacolombe_02.jpg

外まで続く長い行列に一瞬ひるみますが、スタッフの手際がよいので意外とスムーズ。

戦利品が入った袋をいくつも下げ、コールドブリューを片手に足早にストリートへ戻って行く女の子たちのショーパン姿が印象的でした。

場所:ソーホー店のほか、ニューヨーク市内に6店舗

味:酸味の強いコールドブリューの中では比較的マイルド

メモ:陶器製のミルクポットやスタッフが頭に巻いているバンダナが素朴。アットホームなムードを演出しています

ニューヨーカーの行きつけ「トビーズ エステイト コーヒー」

20160809_tobysestatecoffee.jpg

平日午後2時過ぎのミッドタウン。文字通り、コーヒーブレイクを求めてスーツ姿のニューヨーカーたちが「Toby's Estate Coffee(トビーズ エステイト コーヒー)」へ。

20160809_tobys02.jpg

ビールのようなサーバーから注がれるのは、米誌『ハーパース バザー』もNo.1と認めたコールドブリュー

足早にオフィスへ戻るニューヨーカーを尻目に、暑さに少々疲れた様子のツーリストたちがカウンターでくつろぐ姿も見られました。

場所:ブルックリン含めニューヨークに4店舗

味:コクも酸味もかなりストロング

メモ:ミルクは定番のホールミルク(牛乳)、ローファット、ハーフ&ハーフ(クリーム)

「ストンプタウン」にはいまのNYがつまってる

20160809_stonptown.jpg

デザインホテル「Ace Hotel(エース ホテル)」に併設された「STUMPTOWN COFFEE ROASTERS(ストンプタウン)」では、コーヒーをゲットしたらホテルのラウンジに流れるのがお約束。

そこは、スーツケースを引くインターナショナルな人々と、Macを広げるヒップスターたちが入り混じる、ライブラリーのような異空間です。

20160809_stumptown_02.jpg

サボテンや剥製が印象的なネイチャー系のインテリアに囲まれ、ヴィンテージな家具に腰を下ろしてコールドブリューを飲めば、まさにいまのニューヨークを肌で感じられます

場所:ニューヨークはエースホテルとグリニッジビレッジの2店舗

味:黒糖のような深いコクと酸味。窒素を加えたビールのようなコールドブリュー、「ニトロ」も新感覚でおすすめ

メモ:スウィートナーとしてアガベシロップを選べるのでオーガニック好きにぴったり

コーヒー界に第4の波が来た

20160809_cooffee.jpg

コーヒーのフォースウェーブと呼ばれているコールドブリュー。

アメリカでは1兆円市場と急成長しているトレンドです。普通のアイスコーヒーに比べて、いっきに目が覚めるような強い味わいが特徴。夏のだるさを吹き飛ばし、爽快感満点です。

[La Colombe, Toby's Estate Coffee, STUMPTOWN COFFEE ROASTERS]

取材・撮影/神田朝子

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    3. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    4. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    5. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    10. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    3. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    4. 口まわりのうぶ毛も見えちゃう。無修正のモデルが自然体すぎる

    5. 王道モテテクに抵抗がある女性のための「ニッチモテ」戦略【新連載】

    6. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    7. モヒートにストローが2本ある理由って?【GLITTY研究所】

    8. 一緒に過ごす最後の夜かもしれない。まだ終わらせたくなかった #終電と私

    9. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    10. カーラのタキシード姿かっこよすぎる。ルールはスタイリッシュに破ったもん勝ち

    1. 下っ端は当たり前。アメリカに移住して見えてきた「海外で働きたい」のギャップ

    2. 続けられる筋トレ見つけた。「ひざチョン腹筋」でぽっこり解消

    3. 今日は苗字の日。西園寺、伊集院を抑えた1位のかっこいい苗字って?

    4. ガガのナチュラルメイクが超キュート。そばかす欲しくなった

    5. 寝る直前のエクササイズ。汗をかかずに、そのままベッドで寝れる

    6. 加工・修正なし。華やかセレブたちの本気のすっぴんが潔い!

    7. 好きな顔のタイプは、自分の顔が基準だった【GLITTY研究所】

    8. ぴったりニットも怖くない。オフィスでできる「ぷるん胸」エクササイズ

    9. いまの彼と結婚すべき? 女子の背中を押してくれる離婚弁護士のアドバイス

    10. ミディアム丈スカート×ロングブーツがじわじわきてる。着こなすコツは色の組み合わせ方

    コーヒーの第4の波。NYではコールドブリューを飲んでいる

    FBからも最新情報をお届けします。