GLITTY

[ Special Feature ]

今日も明日も。
自分クオリティ、もっと上がる。

彼との旅行は2泊3日が限界です。お腹のハリが辛いから

彼といるときは、なにも心配せず自然体でいたい。それなのに、実は最近まで、ふたりの時間を重ねる度にふくらんでいく悩みがありました。

それは、おなかのハリ。彼と付き合いだして半年。いまだに一緒にいるときは、行きたいタイミングでトイレに行けません。恥ずかしくて、ついがまんしてしまうんです。

いつ行けばいいの? 一緒にいたいけど、帰りたい...

160716_easyfiber_gli_4.jpgたとえば週末のデート。おいしいものが大好きなわたしたちは、とにかくよく食べます。土曜日のディナーを終えたら、おなかいっぱい。そして彼の部屋にお泊まり。しあわせな時間です。でも、その翌朝に問題が。朝はすっきりしてから1日を始めたいところなのに、日曜日の朝は無理なんです。

彼がいつ目覚めるかとヒヤヒヤして、トイレにこもれないでいる私。そして、そのままタイミングを逃してしまう。ブランチ後には、おなかのハリがつらくて仕方ない...。

おなかのつらさとともに「明日、朝早いから」と帰宅時間が早くなっていったわたし。本当は少しでも長く一緒にいたいのに...。心の叫びが届いたのか届かなかったのか、待ち合わせを早めていく情熱的な彼。こんな理由で彼にこたえられない自分がほとほと嫌になります。

笑顔の彼のとなりで、作り笑いのわたし

160716_easyfiber_gli_6.jpgこの半年で最大のピンチは、ゴールデンウィークの京都旅行。最高の思い出じゃないかって? たしかにそう。2泊3日、大好きな彼とずっと一緒。おいしい京料理に、美しい景色。

でも、最終日のツーショット写真に写るわたしの笑顔が硬いのは、気のせいじゃありません。だって、朝早くに出発して、3日目ですよ!? もはやがまんの限界。最後は「ちょっと疲れたみたい」と力なく伝えて早めに別れました。後半は「ただひたすらトイレに行きたかった」なんて、口が裂けても言えません...

こんな生活を続けていたら、お通じリズムもすっかり乱れてしまったわたし。「最近なんか冷たい」と訴える彼をごまかしたくても、ぽっこりおなかが気になって、思うように甘えられない。このままじゃ、愛想をつかされちゃう...

おなかに良いこと、はじめます

彼との時間を取り戻すためにも、必死で改善策を探しました。どうやら必須らしいのが食物繊維。やっぱり毎日の食生活が大切みたい。

野菜や海藻、キノコ類の食物繊維は、おなかをキレイに掃除してくれるのだそうしかも食物繊維って、おなかの中の善玉菌の栄養になるんです

おなかには善玉菌と悪玉菌がいて、悪玉菌が増えるとお通じのリズムが崩れたり、おならが臭くなったりするのだそう。食物繊維をとると善玉菌が元気になって、悪玉菌を抑えてくれるというわけ。ヨーグルトでよく知られている乳酸菌も善玉菌の一種で、乳酸菌をおなかに届けることも大事なんだとか

おなかに良い菌を増やして育てることを「菌活」と呼ぶことも知り、なんだかやる気がでてきました。わたし、食物繊維しっかりとります。「菌活」します!

食物繊維17gの壁は高いけど

――と意気込んだものの、食事で1日にとる食物繊維の目標量、17g(※1)をとるのはなかなか大変。意識的に野菜をとるようにはなったものの、きっとまだ足りていないんだろうなと感じていました。そんなときに出合ったのが、トクホとして認められた食物繊維食品の「イージーファイバー(特保)」です

160716_easyfiber_gli_1.jpgコンパクトな1パックに、とうもろこし由来の水溶性食物繊維が、なんとレタス約1.7個分に当たる4.2g(※2)も含まれているんです。食生活で不足しがちな食物繊維を手軽に補給できて、お通じの改善に役立つんだそう。これは、心強い!

「菌活」もできる新たな味方

160716_easyfiber_gli_2.jpgもっと「菌活」をがんばりたいなら、食物繊維と一緒に乳酸菌もとれる「イージーファイバー乳酸菌プラス」がいいみたい。1パックに、おなかの善玉菌の栄養となるフラクトオリゴ糖1000mgと、乳酸菌1億個が含まれています(※3)

おなかに乳酸菌を届けることで、善玉菌を育てて増やすことができるのだそう。正直、朝のヨーグルトも挫折ぎみだったから、うれしいかぎりです。

彼との夏休み。かけがえのない時間を楽しみたいから

160716_easyfiber_gli_3.jpg「イージーファイバー」の魅力は、なんといってもその手軽さ。1日1パックで、1日に不足している食物繊維を補えるんです。素早く溶けて飲み物の味を損なわないから、時間のない朝やランチタイムにもサッと飲めます。しかも、個包装で持ち運びが簡単! ポーチに入れても邪魔にならないから、デートや旅行に持っていきたい、わたしの必須アイテムになりました。

もうすぐ夏休み。実は、彼からまた旅行に誘われたんです。「3泊くらいでゆっくり沖縄なんかどう?」なんてウキウキの彼。少し前のわたしなら「3泊!? しかもビーチで水着なんて」と真っ青になっていたはずですが、いまは楽しみでたまりません。この夏は「イージーファイバー」を味方につけて、彼とのかけがえのない時間を思いっきり楽しむつもりです。

※1 2010年版食事摂取基準による
※2 レタス可食部215gを1個としています。レタスの結球葉100g中の食物繊維は1.1gとして計算しています。『日本食品標準成分表2010』より算出
※3 全ての乳酸菌が生きて腸まで届くとは限りません

[イージーファイバー(特保)イージーファイバー乳酸菌プラス]

撮影(商品)/内山めぐみ 文/醍醐由貴子

top image by PIXTA. woman, Kyoto via Shutterstock.