1. Home
  2. Cosmetics
  3. スキンケア
  4. 結婚と仕事。アラサーの適齢期って誰が決めたの?

結婚と仕事。アラサーの適齢期って誰が決めたの?

結婚と仕事。アラサーの適齢期って誰が決めたの?

アラサーになると、とたんに年齢に縛られてしまうことがある

――「結婚しないの?」「子どもは早いほうがいいよ」「30歳過ぎの転職は大変」

もう聞きなれたフレーズを向けられると、まるでそうしないといけないような錯覚に陥ることがあります。つい、まわりの目を気にして、本当にやりたいことや心の声にフタをしてしまったり...。

まだ早い? もう遅い?

20160725_lancome_2.jpg

特に心をザワつかせるのは「適齢期」という言葉。もう結婚適齢期だからと言われたら、ひとくくりにしないで! という反発心と焦りで、心が揺らぐことがある。今から新しいことをしたいと言ったら、「大丈夫なの?」と止められてしまうことも。

そもそも「適齢期」って...? すこし視野を広げてまわりを見渡せば、そんな言葉を知らないかのように生きている素敵な女性だってたくさんいるのに。誰かが決めた「適齢期」じゃなく、自分だけの「適齢期」がきっとあるはず

30歳からの転職も、40歳からの恋も、50歳からの起業だって、私だけのストーリー。年齢や常識で自分を縛っていたのは、他ならぬ私自身なのかもしれません。

縛っていたのは、自分自身

他人が考える「適齢期」より、自分がしあわせに感じられる方がずっと大切。そう思えた私の心に響いたのが、ランコムの「Love your age」というメッセージでした。

そこに描かれているのは3人のミューズたち。

22歳で空前の大ヒット映画『タイタニック』で主演を果たしたケイト・ウィンスレット。25歳で世界いじめ撲滅運動の大使になったリリー・コリンズ。そして40歳で世界で最もセクシーな女性に選ばれたペネロペ・クルス

彼女たちには、誰もが分かる見た目の美しさだけでなく、年齢も常識も凌駕する強さと美しさがあります。そう、自分の想いを叶えるのに、早すぎることも遅すぎることもないんです。自分に必要な「適齢期」は、心の底からしあわせを追い求め、行動した先に見えてくるもの。

「美しく、自分らしく。輝くような"今"を。」

この言葉は、年齢という数字に縛られることなく、心の赴くままに"今"を生きていいのだということを教えてくれます。

年齢を輝きに変える美容液

結婚していてもしていなくても、子どもがいてもいなくても、何歳であっても、私は私。

何かにとらわれず、自分らしい美しさを手に入れて、しなやかに生きていく――。そんな女性を応援してくれるのが、ランコムの美容液「ジェニフィック アドバンスト」。

20160725_lancome_3.jpg

ジェニフィック アドバンスト(美容液) 30ml 10,000円、50ml 13,500円(税抜)

ジェニフィック アドバンスト」は、全世界で150もの賞を受賞した世界的なロングセラーアイテム。ランコムの美容液のなかで売り上げNo.1の逸品です。

洗顔後、すべてを落とした肌にみずみずしい美容液をのせると、すーっと肌にとけこむようになじんでいきます。キメを整えてくれるから、その後につけるローションや乳液に備えてくれるんです。

エイジングの10のサイン(輝き、透明感、なめらかさ、ツヤ感、健康的な印象、キメ細やかさ、弾力感、やわらかさ、ハリ感、うるおい)にアプローチしてくれる万能な美容液をつければ、目に見えないプレッシャーからも解き放たれそう。

穏やかで心地のよい香りも、スキンケアを贅沢な時間に変えてくれます。一度使ったら忘れられない使用感から、リピートせずにはいられない人が多くいるというのも納得。

今の自分が一番美しい

20160725_lancome_4.jpg

「もうアラサー」と思うか「まだアラサー」と思うかは自分次第。心から大切だと想う人との出会い、情熱を傾けられる仕事、もういい年だからと諦めていた数々の宝物が、まだまだ私たちを待っているはず。

本当は、なりたい自分になるのに、早すぎることも遅すぎることもないんです。「ジェニフィック アドバンスト」とともに、今の自分が好き、今が一番美しいと思えるようにアップデートしていけたら...。

素肌とともに大切な"今"を輝かせられたら、自分だけのストーリーが動きはじめるはず。

ランコム

撮影(商品)/中山実華 文/諫山由梨子

top image, wine,woman via Shutterstock

Sponsored by GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    10. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    10. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「女として終わってるよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    4. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    結婚と仕事。アラサーの適齢期って誰が決めたの?

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More