絶対焼かない! そう固く決心していても、うっかり日焼けしてしまうことはあります。

焼けてしまったものはしょうがない。大事なのはその後のケアです。

日差しを受けて火照った肌は、じつは火傷と同じ状態。なので、すぐに冷やして、保湿してあげなければいけません。

そこで、肌のダメージをケアしてくれる優秀なアイテムをご紹介します。

日焼け肌をやさしく癒す、保湿力抜群の化粧水

『made of Organics(メイドオブオーガニックス)』の「オーガニック アロエベラ アフターサンミスト」は、保湿力抜群のオーガニックエイジング化粧水。日に焼けたデリケートな肌を、アロエべラエキスがやさしく浸透して癒してくれます。

また、配合されているドラゴンブラッドエキスが、肌リズムを整え、皮膚の新形成を促してくれるのです。

さらに、天然成分にこだわっていて、敏感肌でも安心して使うことができます。

「音響振動学」を使った無添加ローション

成分は水とグリセリンのみ、という完全無添加の『DEL SONIDO(デルソニード)』の「ミュージックローション」。

面白いのが、音の振動を細胞・組織・器官などの不調な部分に共鳴させて本来の元気な振動状態に戻す音響振動学」に基づいて作られているということ。肌に関係のある70種類のヒーリング音を選定し、原料の水にその音響振動を与えて加工したのだそう。

さっぱりとした使用感ながら、塗った後には肌がしっとりと潤います。全身に使えるので、これ1本で日焼けのアフターケアはばっちりです。

火照った肌をひんやり冷やすミスト

『PERFECT POTION』の「クールミントボディミスト」は、ペパーミントとハッカが配合されたクールダウン用ミスト。

プシュッと肌に吹きかければ、数秒後にはひんやりとした爽快感が得られます。日焼け後のケアとしてだけでなく、ちょっと暑いなと感じたときや気分転換したいときにもぴったり。出かけるときにバッグに忍ばせておけば、いつでも涼を感じることができます。

アフターケアを支えてくれる心強いアイテムたちがあれば、たとえ日焼けをしてもそれほど落ち込まなくて済みそうです。

あわせて読みたい

絶対に焼けるもんか~! 倍以上の効果が期待できる「日焼け止めの塗り方」

その紫外線対策...まちがってるかも? 「日焼けしやすくなる」6つの習慣

絶対に日焼けしたくないなら覚えておこう!「UVカット製品」にも寿命がある

image via Shutterstock

文/グリッティ編集部