1. Home
  2. スキンケア
  3. 逆に教えてほしい。女子力男子が実践している女子力の実態

逆に教えてほしい。女子力男子が実践している女子力の実態

1,375

逆に教えてほしい。女子力男子が実践している女子力の実態

最近耳にするようになった「女子力男子」という言葉。

「女子力男子」とは、「身だしなみや美肌磨きはもちろん、スタイル維持のための努力もばっちり。美意識が高く、理想的な栄養バランスに気を配り、料理などもこなす女子的スキルが高い男性のこと」をいうそう。

そんな「女子力男子」の実態について、調査結果(ドクターシーラボ調べ)が発表されました。

女子力男子ってどんなことしているの?

1位 料理をしている...43.6%2位 リップクリームを使っている...38.5%3位 フレグランスをつけている...33.3%4位 眉毛のお手入れをしている...28.2%5位 フェイスマッサージをしている...23.1%

驚いたのがフェイスマッサージ。私だって何か特別な日の前でない限りフェイスマッサージをしないのに、男性のほうが努力しているなんて...!

でも、もしそんな人が彼氏だったら、自分の美力も高められるような気もします。付き合ってきれいになれるんだったら、それはそれでいいのかも?

また、少数ではありますが、アンケートでは「ネイルケアをしている」や「化粧ポーチを持っている」など、女子顔負けの回答が。どんどん自信がなくなってくるような結果ですが、そんな「女子力男子」でも、洗顔後にしっかり保湿ケアまでしてういる男性は3割未満だったそう! ようやく、ちょっと安心しました...。

ちなみに、女性に「女子力男子はアリか? ナシか?」という質問をしたところ、55%が「アリ」、45%が「ナシ」と回答。世の中の女性は、女子力男子をけっこう受け入れているようです。

さて、そこでみなさんにも質問!

女子力男子は彼氏としてアリ? ナシ?

投票後、画像にある「<」の矢印をクリックすると、みんなの投票結果が確認できます。

とりあえず、自分の女子力からあげていこうと思います。

あわせて読みたい

かわいさよりもシンプルさ。仕事ができるアラサ-の机に、女子力は不要!

セックスレスになった男子が考えていること5つ #男子の本音

生理への理解がありすぎる男性。経血量まで知ってるって... #オネエ調べ

この記事を気に入ったら、いいね!しよう

GLITTYの最新情報をお届けします。

FOLLOW US ON Twitter

FOLLOW US ON Instagram

photo by PIXTA

GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    5. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    8. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    4. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    5. エマ・ワトソン「フェミニストだって胸はある」きれいでいて良いし、男性を好きになっても良い

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    8. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    9. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia