1. Home
  2. お出かけ
  3. 涙ではない。どうやら男性は「汗美女」が好きらしい

涙ではない。どうやら男性は「汗美女」が好きらしい

涙ではない。どうやら男性は「汗美女」が好きらしい

まだまだ寒い日が続くものの、少しずつ春の気配がするこの時期。うれしいけれど、忘れていた悩みを思い出す季節でもあります。それは「」。においそう、汚そう――とマイナスイメージがつきまとう汗。上手につきあうには、どうしたらいいの?

汗をかく女性ってどうなの...?

誰もが汗をかくのに、人前で汗をかくのはどうも恥ずかしい......。特に男性に見られると、恥ずかしさは倍増してしまいます。オフィスでもデートでも、急な汗には大あわて。

「脇、変色してない?」「メイクが落ちちゃう」と気が気じゃないんです。

実は、男性がグッとくる「汗シチュエーション」があった

そこで編集部では、20代~40代の男性に「女性の汗」についての社内アンケートを実施しました。ここで、意外な事実が判明。なんと男性は、女性の汗に魅力を感じていることがわかったのです。

ドキッとする「汗シチュエーション」は?

「ランニングやトレーニングといったスポーツシーン」(32歳・編集)

20160219_anessa_photo1.jpg

身体を動かしている女性の汗が好き――という意見が多数。見ていると応援したくなるのだそう。

そのほか「打ち合わせなどで熱心に話をしているとき」「熱いものや辛いものを食べているとき」などの意見がありました。

自然な量の汗をかいている女性を見て、どう感じる?

「頑張っているなと好意的に感じる」(35歳・Webディレクター)

汗をかいている姿は頑張っている証拠と感じる男性が多く、応援したくなるといった意見が多く見られました。

さらには「セクシー度がアップする」「ギャップに萌えるなど」といった意見も。

汗をかいているのを見て、グッとくる箇所は?

「うなじ」(28歳・営業)

20160219_anessa_photo3.jpg

これは予想通り!? 男性の多くは汗をかいたうなじに魅力を感じるようです。

また、おでこなど顔まわり、首筋にも視線が集中。

頑張る姿が「汗美女」へつながる

汗をかいた姿を見られるのは、恥ずかしいと思っていたけれど、男性にとっては「萌えポイント」であり、頑張っていると好意を抱く人が多いのは、予想外の展開でした。

これから屋外での活動が気持ちよくなる季節。ならば、せっかくなら外で思い切り汗をかきたいもの! 確かに最近、社内メンバーからランニングやテニスなどのお誘いもあり、これからはアクティブな機会が増えそうな予感。

20160219_anessa_photo2.jpg

「汗美女」のさらなる強み

とはいえ、アウトドアでの運動は日やけが気になります。海やキャンプなど、長時間、外ですごした翌日、化粧ノリの悪さに驚いたことはありませんか? 紫外線が肌に与える影響は、それほど強力です。

外で汗をかきたい、でも日にやけたくはない――。そんな悩める汗美女に、これまでのアネッサの日やけ止めの常識を変えるグッドニュースが! なんと汗をかいたり水に触れたりすると紫外線をブロックする膜が強くなる、新技術が誕生したんです。

汗を味方にする最新技術

それは資生堂が初めて開発した「アクアブースター技術」。今までのアネッサの日やけ止めは汗や水に触れると効果が弱まり、何度も塗り直しが必要でした。ところが「アクアブースター技術」を取り入れると、汗を味方にすることができます。

20160219_anessa_itemphoto.jpg
SPF50+、PA++++という最高レベルの紫外線防御力を誇る「アネッサ」。「パーフェクトUVアクアブースター」(金のアネッサ、写真左)なら、海やプールでの活躍しそう。「エッセンスUVアクアブースター」(銀のアネッサ、写真右)は、アウトドアやスポーツシーンでうるおいを守ります。

この「アクアブースター技術」が搭載されているのが、2月21日(日)に新発売される「アネッサ アクアブースターUV」。アネッサといえば、15年連続で売上ナンバーワン(※)に輝く日やけ止めのトップブランド。「アクアブースター技術」が加わったことで新商品は、汗美女のための必須アイテムといえそうです。

※ インテージSRI日やけ市場データ期間:2000年11月〜2015年10月アネッサブランド金額シェア

結論。汗は女の武器になる

楽しむ女性が流す汗に、キュンとする――。そんな男性心理にはびっくりしたけれど、健康的な汗は生命力のあかしと思えば、ごく自然なことなのかもしれません。

アネッサがあれば、女性らしさを犠牲にせずに、思い切りアウトドアやスポーツが楽しめるはず。これからは汗を味方につけて、太陽の下でイキイキと動ける女性を目指してみませんか?

>>アクアブースター技術の秘密を動画でチェック!!

20160219_anessa_gif.gif

資生堂ジャパン, アネッサ, アクアブースター技術

撮影/中山実華, モデル/岩崎志保, 文/田邉愛理

Writing byGLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年上半期占い

    Ranking

    1. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    2. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    3. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    6. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    7. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    8. 色っぽいツヤ肌メイク。イガリシノブさんにコツ聞いてみた

    9. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    10. 1日1人は新しい人と出会うっていうのを自分に課してる。佐藤ドンドコの原動力

    1. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    2. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    3. 「尽くす女」になれない自分に自己嫌悪。でも、結婚したい。

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    8. 「デブ」「ブス」「モンスター」ネガティヴな言葉を強さに変えたビューティブロガー

    9. 胸へのコンプレックスが、乳がん発見の遅れにつながる?

    10. 「肌のゴールデンタイム」は嘘だった? ウワサの真相が知りたい

    1. 「35歳までに結婚できない女はヤバイ」論を吹っ飛ばす女たち

    2. スマホのパケット容量、ひと月に何GB使ってる? いくらあっても足りなーい

    3. 引っ越して3か月。年始にだらだらしすぎている同棲中カップルの会話 #東京で恋をする

    4. ユニクロ × スヌーピーのルームウェア。もう1日中着ていたい...

    5. 普段、何デニールのタイツ履いてる?

    6. 彼から「好きだけど結婚する気はない」と言われた。どうしたらいい?【解決しない恋愛相談室】

    7. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    8. 黒レギンスをスマートに履きこなす。腰まわりも脚の太さもカバーする3つのポイント

    9. 結婚はあこがれじゃなくてリアル。いまどき男女の結婚観

    10. 勇気を出して成人式へ行った。心の黒い部分が洗われた気がした【文太の日記】

    涙ではない。どうやら男性は「汗美女」が好きらしい

    FBからも最新情報をお届けします。