1. Home
  2. スキンケア
  3. 働く女子のカチコチ肩こりに。お風呂でくつろぐための素敵なバスグッズ

働く女子のカチコチ肩こりに。お風呂でくつろぐための素敵なバスグッズ

働く女子のカチコチ肩こりに。お風呂でくつろぐための素敵なバスグッズ

Sponsored by 花王バブ

無理をしているわけじゃないのに、なんとなく疲れがとれない。朝の顔色も冴えなくて、シャキッとしない毎日......。もしかしたらそれは、ふだんのライフスタイルが原因かもしれません。

「いつも同じ姿勢」で肩こりに

201512_bub_02.png毎日の仕事やスマホの見過ぎで、働く女子の肩はカチコチに......。

原因として考えられるのは、毎日、長時間同じ姿勢をとっていること。仕事では猫背でパソコンに集中し、移動の電車やベッドのなかでもついスマホを見てしまう――。

目が疲れるのはもちろん、気がつくと首や肩がコチコチに! 同じ姿勢で小さな画面を見続けることで、身体の血行が悪くなり、肩こりになりやすくなってしまうこともあるのです。

適度な運動やマッサージをやろうとしても、毎日ジムへ通う時間なんてないし、プロのマッサージはお金がかかる......。その日のコリをその日にほぐすなら、おうちで手軽にできる方法がベスト。そこで「ちゃんとお風呂に入る」ことをはじめてみませんか?

バスタイムはグッズで変わる

忙しかったり疲れていたりすると、ついシャワーで済ませがちなバスタイム。面倒くさがらずにお風呂に入るには、お風呂に入るのが楽しい! と思えるようになれたらいいのに......。

201512_bub_04.pngスマホをつなげば、スピーカーにもハンズフリーで電話もできる。

そこで役立つのが、バスタイムが楽しくなるグッズです。防滴タイプのブルートゥーススピーカーがあれば、お風呂でもスマホにダウンロードしたお気に入りの音楽が流れてきます。シリコンボディの「WORMEE(ワーミィ)」は、底が吸盤になっていて、お風呂の壁や鏡に取りつけられるからとても便利。ボディを伸ばすと低音が良く響き、思わず熱唱したくなる!

ハンズフリーで、お風呂に入りながら電話で会話も楽しめます。これなら、お風呂に浸かる時間があっという間に過ぎていきそう!

201512_bub_03.png湯船に浮かべるだけで、LEDライトが幻想的な空間を演出。

とにかくリラックスしたいときは、明かりを消して、お風呂用のプロジェクターライトを使うのもおすすめ。

201512_bub_02.png海の中にいるような気分に。クリアなブルーの光に癒される。

泳ぐイルカを映し出す「プロジェクタードーム オーシャン」を使えば、あっという間に海の底にいるみたいな気分にひたれます。お風呂の照明を落としてプロジェクターを湯船に浮かばせるだけで、簡単に癒しの空間ができあがります。

入浴剤を活用するのもおすすめ

201512_bub_01.png温浴効果を高めて、芯まであたたかくほぐし、カチコチ肩こりや疲れをやわらげてくれる。画像左:バブ ゆず[20錠入り]、右:バブ ナイトアロマ[12錠入り](ともにオープン価格)

バスグッズの中でも、カチコチ肩こりや疲れには入浴剤を上手に活用するのがおすすめ。今回紹介するのは、炭酸ガスの薬用入浴剤「バブ」シリーズ。1錠お風呂に入れるだけで、温浴効果をさらに高めてくれます。

バブは、粉でも粒でもなく、大きくてちょっぴり重たいのが特徴。湯船の底で溶けるので、炭酸がじっくりお湯に溶け込みます。

お湯にたっぷり溶けた炭酸が温浴効果を高めて身体を芯からあたためてほぐし、疲労や肩こり、腰痛、冷え症をやわらげてくれるのです。

香りのバリエーションが豊富なので、飽きずに楽しめるのも「バブ」の魅力。冬にぴったりの「ゆずの香り」は、気分がほっと和むおだやかな香りです。

女性におすすめの「ナイトアロマ」は、1箱にローズハーモニー、スイートカモミール、フェアリーラベンダー、ロマンティックジャスミンの4種が詰めあわされたアソートタイプ。1日の終わりにアロマキャンドルを焚くように、華やかなアロマの香りのお風呂で気分がリラックスできます。

カチコチ肩こりや疲れた身体は、毎日のお風呂でケアすることが大切。バスグッズを活用すれば、忙しい忙しいホリデーシーズンも快適に乗り切れそう!

バブ

撮影/中山実華, main image, PC image via Shutterstock, 文/田邉愛里

Sponsored by GLITTY編集部

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    8. 足裏の角質分布でわかる! 歩きグセ別フットケア方法

    9. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    10. イテテ...。生理痛で眠れない夜は、膝を抱えると良いみたい

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    8. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    9. 足裏の角質分布でわかる! 歩きグセ別フットケア方法

    10. イテテ...。生理痛で眠れない夜は、膝を抱えると良いみたい

    1. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    2. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    3. もしかしてできたかも...? 生理前にあらわれる「妊娠超初期」のサイン

    4. 挿入時間の平均は5分4秒。正しいセックスの長さなんて存在しない

    5. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    6. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    7. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    8. 足裏の角質分布でわかる! 歩きグセ別フットケア方法

    9. 思わず触れたくなる二の腕。夏前にやっておきたい肌ケア

    10. 急に泣きたくなったり、イライラしたり。女子のココロの秘密、女医さんに聞いてみた

    働く女子のカチコチ肩こりに。お風呂でくつろぐための素敵なバスグッズ

    FBからも最新情報をお届けします。

    Read More