1. Home
  2. 恋愛
  3. 記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

8,448

記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

誕生日、クリスマス、バレンタイン......。

1年の行事がこんなにたくさんあるのに、「つきあって何か月記念日なんて覚えてられない」というのが男性の本音でしょう。

記念日を忘れてしまう恋人に「信じられない!」と怒る女性。そこに生じる男女のズレはよくある話のようです。

「記念日の考えかた」の違い

女性はいつも、ふたりの関係性を確認したいから、彼が「覚えている」ことによろこびを感じます。

「自分を大切にしてくれているから覚えている」のだと判断して、その結果、いくつも記念日を作りたがるのです。

いっぽう男性は気にもしていないので、自分の誕生日さえも当日思い出す人がいるほど。

なぜなら、男性にとって記念日は「過ぎていく1日のひとつ」という認識のため。

極端な話、記念日は仕事には無関係ですし、重要な意味を持っていないから忘れるのです。

小さいことを何度も

女性は「プチ」という言葉が好きなように、「少しずつでいいから、幸せを多く感じたい」と思っています。

「ちょっとだけ特別」がたくさんあると楽しいですよね。

つまり、記念日を多く作れば、幸せな気持ちを持続させることができます。

でも、細かいことが苦手な男性は、すべてにおいて「たまに大きなものをドーンがいい」という考えです。そこがすれ違う原因でしょう。

覚えている男性って?

少数ですが、なかにはきちんと記念日を覚えていて、お祝いをしてくれる男性がいます。

そんな男性は、スマートなふるまいで女性をよろこばせることが好きな、サービス精神旺盛な人でしょう。

もしかすると、育った環境がそうさせるのかもしれません。また、以前の彼女に怒られたので、忘れないようにしているという場合も。

いずれにせよ、女性に気を遣うことができるため人気が高かったり、たくさんの女性にいい顔をしている可能性もあります。

無頓着な女性のほうが人気が出る

男性にとって、記念日を気にしない女性は新鮮な存在です。

自分と同じ考えの、しかも少数派の女性は、「希少価値が高い女性」にうつります。

少数品や限定品は、レアで誰もが欲しがりますよね。それと同じで「自分と同じ」「男性の考えが分かる」と思われ、価値が高まるのです。

また、記念日に固執しない女性なら、よけいなケンカも起きません。

思い出を大切にするのは素敵なことですが、強制的に「記念日」として押しつけてはダメ

互いの誕生日と、1周年を祝うくらいがちょうどいいかもしれません。

image via Shutterstock

たえなかすず

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    2. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    6. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    9. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    4. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    5. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    6. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    7. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 何これ、真似したい! 超簡単オージーガールのBBQレシピ

    10. ラブリさんに聞いた、なりたい自分に近づくためにやっていること

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    4. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    5. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    8. 靴ずれ、傷あと...気になる脚のあれこれ。パーツモデルに対処法を聞いてみた

    9. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    10. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    記念日を気にしない女性がのほうが、大切にされる理由

    FBからも最新情報をお届けします。