1. Home
  2. 恋愛
  3. 恋を制するのは「男は恋愛初期に200%の力を出す」ことを理解している女子だけ

恋を制するのは「男は恋愛初期に200%の力を出す」ことを理解している女子だけ

2,314

恋を制するのは「男は恋愛初期に200%の力を出す」ことを理解している女子だけ

男女のリアルな生活&恋愛事情を取材し、すぐに実践できるテクニックをお届け。恋に効いて素敵に変身できる「恋愛サプリ」。いい女は、普段のちょっとした心がけから作られます。

恋愛初期のテンションがそもそもおかしい!

「男は釣った魚にえさをやらない」とはよく言われること。

ところが、この件について知り合いの男性数人にリサーチしたところ、みんな口をそろえて「それは間違いだ」と答えたのです。

彼らいわく「正しくは、恋愛初期がおかしなテンションになっているだけ」とのこと。

通常の倍以上のエネルギーで女性にアタックするため、そもそも最初のテンションがおかしいのだ......と。

「君みたいな女性ははじめてだ」とか「こんなに人を好きになったことはない」などの王子様系セリフは、このおかしなテンションが言わせているものと考えられます。

関係性が落ち着いたら平常運転に

おかしなテンションでお目当ての女性との恋愛が成就し、関係性が落ち着いてくると、そこではじめて「通常のテンションに戻る」ようなのです。

そもそも男性は、人生のプライオリティの上位に「恋愛」というカテゴリーはありません。

男性の優先順位上位は常に「仕事」や「趣味」ですから、おかしなテンションでゲットした女性との関係が落ち着けば、本来、本当に時間を割きたい仕事や趣味を大事にするようにできているのです。

これがつまり、女性から「釣った魚にえさをやらない」と言われる状態。

でも、男性からしてみたら「最初が過剰サービスで、いまが普通になっただけなのに、なんでそんなこと言われないといけないの」と思うのだそう。

男エネルギー配分を理解した女子は最強

男性の本能的ともとれるこのエネルギー配分を理解していたら、女性は男性のテンションの高低に過剰に反応しなくてすみます。

恋愛初期のように情熱的ではない彼に対して、「もしや嫌われたのかも」「ほかに好きな人ができたのかしら」と無駄に不安になる必要はないというわけ。

むしろ彼が平常運転を再開したら、女性は恋愛主導権を握りやすくなるので、かえって好都合。

最初のおかしなテンション時の男性は、どちらかというと自分勝手な状態になっていますので(情熱的だけど)、早めに普通のテンションに戻してあげたほうが、女性も自分のペースを保つことができます。

「男性の普通のテンション」を利用して、女性が男性をコントロールしていく立場にうまくシフトチェンジしていくといいでしょう。

テンションが落ち着いてからが本当の関係

彼のテンションが低くなったな......と感じたら、それはあなたへの気持ちが冷めたのではなくて「恋が安定した証拠」

そう思うと、女性も無駄に不安にならずに、ひとりのときと同じように好きな仕事や遊びを楽しむ余裕が生まれてくるはずですよ。

image via Shutterstock

福島はるみ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    Ranking

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    10. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    3. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    4. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    5. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    6. オナラじゃないのにオナラみたいな音が出る...。おなかが変なの? #オネエ調べ

    7. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    8. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    9. なんか納得。乾燥肌対策って化粧水をつける前が大事だったんだ

    10. 背中って意外と見られてた...。ブツブツケアして背中美人になる

    1. どんな勝負下着はいてる? 女子のリアルなパンツ事情

    2. 「女として終わってるよね」と言われたときの上手な切り返し方 #ポジティヴ大喜利

    3. えっ、そこにアイライン引いちゃう!? 次世代のイット・ガールのメイクが遊び心にあふれてる

    4. 女子のアソコは5つのタイプに分けられる

    5. 付き合ったらどうなる? あなたの恋愛タイプを診断

    6. つまむ、それだけ。じつは簡単だった鼻を高くする方法

    7. バレてた。男子が感じる女子のデリケートゾーン問題

    8. ボサ眉に腫れまぶた。メイクする前に知っておきたい目のまわりの悩み解決法

    9. 男子が知らない女子のパンツ問題。デートも旅行も心配だから

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia