1. Home
  2. Fashion
  3. 野暮ったく見せない、ヒョウ柄の着こなし

野暮ったく見せない、ヒョウ柄の着こなし

野暮ったく見せない、ヒョウ柄の着こなし

秋冬になると身に付けたくなるのがヒョウ柄。取り入れかたを間違えると野暮ったくみえてしまいがちでもありますが、そうならないためにはどこを気をつければいいの

ヒョウ柄をいまっぽく高感度に着こなすために役に立つ3ポイントはこちら。

バッグなら小さめを

Minamiさん(@minammii)が投稿した写真 -

シンプルな服にも適度におしゃれスパイスを注入してくれるのが、ヒョウ柄のバッグ。でも私が持つとなんか野暮ったくなる......と感じている人も多いのでは?

そんな人はバッグ自体をもう一度見直してみて。そのバッグ、少し大きすぎませんか?

もちろん、大きいトートバッグ的なサイズは、いろいろと入れられるし荷物の多い女子には必携。オフィスにだって重宝しますよね。ただ、大きいとヒョウのインパクトが強すぎて、野暮ったくみえてしまう可能性大。

バッグでヒョウ柄を取り入れるなら、小さめに限ります。そこを気をつけるだけで、とたんにおしゃれに!

モスグリーンとの色合わせが素敵

いろいろなカラーと相性がいいのもヒョウ柄の魅力ですが、今年合わせるならモスグリーンが断然オススメ。大人っぽさやモードっぽさを演出してくれるので、ヒョウ柄の派手さをうまく調和してくれます。

例えば、ヒョウ柄のパンプス。黒タイツで合わせるのもいいけれど、今年はモスグリーンのソックスとコーディネートしてみては?

それだけで足元がぐんといまっぽくクラスアップします。

大柄モヘアがいまっぽい

洋服でヒョウ柄を取り入れたい人は、大きめのヒョウ柄を選んでみてください。インパクトが強いアイテムでもあるので、合わせるアイテムはシンプルなものがマストです。

ポイントとしては、カジュアルな方向性に着こなしてみるということ。スカート&パンプスでの着こなしよりは、スニーカーと合わせたり、カジュアルめなボーイフレンドデニムと合わせてみたり......。

ヒョウ柄の派手感とカジュアルなアイテムが適度にいいバランスをキープしてくれます。

季節の定番も少しのことを気をつけるだけで、ぐんとトレンドライクに着こなすことができます。ヒョウ柄を着こなす際には、ぜひお試しあれ。

top image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    野暮ったく見せない、ヒョウ柄の着こなし

    FBからも最新情報をお届けします。