1. Home
  2. 恋愛
  3. いつまでもつきあいたてのラブラブを維持するために、あなたがすぐできること

いつまでもつきあいたてのラブラブを維持するために、あなたがすぐできること

いつまでもつきあいたてのラブラブを維持するために、あなたがすぐできること

150602sinsen.jpg

素敵な恋に憧れて自分磨きを欠かさないグリ子(23歳)と、本能のままに動きがちなグリ美(24歳)。ふたりとも、一生懸命なあまりネットや本の情報を鵜呑みにして惑わされがち! 今日も恋愛経験豊富なセンパイ(28歳)を頼って、ふたりが「ガールズトーク」をしにやってきました。

girlstalk.jpg

グリ子:この前6年間つきあって結婚した友だち夫婦に会ったんですけど、いまだにつきあいたてみたいにラブラブでビックリしましたー!

センパイ:たまにいるわよねぇ。いつまでもつきあいたてみたいな人たち。

グリ子:どうしたらあんなふうになれるんですかね?

お互いを誉め、高めあう

センパイ:そういう人たちって「○○くんて本当優しいね」「○○ちゃん今日もかわいいね」なんてしょっちゅう誉めあってるのよね。

グリ子:あー、確かにその友だち夫婦も、普段から誉めあってた気がします...。

センパイ:お互いが誉めあうことで、どんどん高めあっていけるんじゃないかしら。誉められて悪い気なんてしないしね。

グリ子:なるほど。でもまずそんな誉めあえるような人に出会うのが難しそう!

連絡をマメにとる

センパイ:つきあいが長くなると、だんだんメールや電話の頻度も減ってくるんだけど、いつまでもラブラブでいたいなら頻度を落とさないようにすることね。

グリ子:なかなか難しそうですねー、それも!

センパイ:でもそういう人たちって、自然と頻度が変わらないんだと思うわ。暇なときや何か伝えたいことがあったときはまず相手に連絡をするのよね。

グリ子:いつまでも「早く話したい」って思いあえるって素敵ですね。

相手がよろこびそうなことを常に考える

センパイ:つきあいたての頃の気遣いを当たり前のものにしたり、相手のよろこびそうな服を着たり、相手がよろこびそうなことを維持していくことが大切よね。

グリ子:最初は頑張ってできそうですけど、慣れてくるとそういうことしなくなっちゃうんですよね...。

センパイ:きっと頑張ってするものじゃなくて、本当に好きだったら自然にできるようになるんじゃないかしら?

グリ子:私も初心にかえって頑張ります!

Happy young couplesketch girlvector portraitsketch image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    9. 「ポッコリお腹がしっくりくるの」ビヨンセのポジティヴ発言に女子が共感しまくり

    10. ブランドプレスに聞いた、失敗しない洋服選びのコツ #東京女子のマイルール

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    8. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    9. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    10. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    いつまでもつきあいたてのラブラブを維持するために、あなたがすぐできること

    FBからも最新情報をお届けします。