1. Home
  2. Cosmetics
  3. 思わず触りたくなる「マシュマロボディ」の作りかた

思わず触りたくなる「マシュマロボディ」の作りかた

思わず触りたくなる「マシュマロボディ」の作りかた

150202yasepuyo.jpg

この季節、髪も顔も身体も唇も、すべて乾燥しちゃって女子は保湿が大変ですよね。

普段「女はやっぱりヤセぷよ♡」では、内側からのケアやエクササイズについてお話しすることが多い私ですが、今回は外側からのケアについてお話していきたいと思います。

デコルテまでが顔! デコルテにもクレンジングが有効

150202yasepuyo3.jpg

私は以前6年ほど、エステを開業していました。その当時、エステ研修で「デコルテまでが顔」とよく言われていました。

そう、顔に使っているものを、デコルテまで同じケアをしてあげるんです。

首は年齢が出やすいですし、デコルテもただボディクリームを塗るだけじゃなく、きちんとクレンジングからはじめていくと全然ちがう!

デコルテは、見せることで女性らしさが出る部分です。鎖骨のラインやくすみのない美肌は、男女問わず虜にします。

とくに仕上げのクリームを塗るときに、リンパに向かってマッサージしながらケアしてみてね。スッキリ鎖骨にくすみのないデコルテへ導いてくれますよ。

マシュマロボディ作りはボディクリームだけじゃダメ!

さて、デコルテまでケアしたところで、つぎはボディ。私の場合、週1でバスソルトでボディマッサージ。バスソルトはびっくりするほどつるつるボディにしてくれます。

そのあとに、ここからは毎日のケアです。ボディクリームを塗る前に、身体にも化粧水をバシャバシャつけてあげること。クリームの浸透が、顔同様よくなるからです。

でも、さすがに身体に高いお化粧水なんて使えない...。薬局で売っている、安い大きめサイズの化粧水ありますよね。

そういうものでバシャバシャしてあげるだけで、ボディクリームの入り込みが変わります。乾燥から身体にシミができる可能性を考えたら、安い投資な気がしますよ!

お料理もほんのひと手間が味を変えるなんて言いますが、人の身体も同じ。ほんのひと手間のケアが、あなたの身体を変えちゃいます

エクササイズでヤセぷよちゃんを目指し、外側ケアでマシュマロボディを作れば無敵です♡

Nica Official Website

仁香

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    2. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 「中国」をイメージした鮮やかなアイシャドウ。独創的な色を楽しみたい

    5. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    10. オトナのための性教育。ヴァギナやセックスのあれこれわかるPussypedia

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. ブラ紐ちら見えはNG。露出多めの服を着こなすパリジェンヌの下着選び

    6. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    7. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    8. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    9. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    思わず触りたくなる「マシュマロボディ」の作りかた

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • ページをめくるだけでセンスがよくなる モデル仁香のおしゃれルール
      • 仁香|中経出版
      • by Amazon.co.jp
      • 仁香の食べてやせるハッピー脳ダイエット
      • 著|学習研究社
      • by Amazon.co.jp