141109suponji.jpg

メイクポーチって、ついつい中身が多くなっちゃいませんか?

とくに仕事後に予定のある日はしっかりメイク直ししたいから、メイク品はもちろんブラシ類まで持ち歩かなきゃいけなくて、そうとう大変。

そんなときは、「三角スポンジ」が役立ってくれます。これひとつで何通りもの使いかたができるので、ポーチの軽量化にもなってかなり便利なんです。

使い捨てできて便利な100均のスポンジ

141109suponji1.JPG

使うのは100均の三角スポンジで十分。だいたい10~12個入りです。この価格なら毎日ポーチに入れて、使い捨て感覚で使えちゃいます。

基本的にはファンデーションをなじませる際に使うものですが、それ以外にもいろいろな使いかたができますよ。

脂浮きを押さえる

メイク直しをする際は、まず、三角スポンジで皮脂とファンデーションを馴染ませ、肌表面を均一にならしてからファンデーションを重ねると、つるんとキレイに仕上がります。

目の下の崩れを直す

アイメイクの崩れなどは、三角スポンジの角を少し濡らして、ちょいちょいとふき取って直せます。ウォータープルーフのコスメじゃなければ、わりと簡単に落とせます。

水ありで使える点も優秀。

リップ・チークブラシとして

三角スポンジにチークを取ってポンポンとつければ、自然な血色感のあるチークに仕上がります。

また、リップも同様に、三角スポンジでポンポンとつければ、いまっぽいカジュアルさが出せますよ。

それぞれのアイテムに合わせて使う面を変えていくのが、上手にメイク直しをするコツ。しかも、ブラシでは出せないナチュラルさが出せるのもいいところ。

ファンデーションからチーク、リップにまで応用できるので、ブラシ類を持ち歩く必要がなくなります。

fashion-woman image via Shutterstock