140821maku.jpg

人間関係にも大きく影響する、メイクがつくり出す印象。ちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づける印象アップメイク』を紹介します。

女性と男性とでは脳の使いかたが違い、コミュニケーションの傾向も異なると言われています。メイクをした女性を見てどう感じるかも、男女によって違うようです。

そこで今回は、私自身がこれまでメイクセラピストとしての活動を通じて、多くの人のメイクに対する反応を観察してきて実感している「男性に好印象を与えるメイク、最大のポイント」をお伝えします。

もっとも大事なのは「違和感」がないこと

多くの男性は自分の顔にメイクをすることがないので、化粧品になじみがなく、許容範囲が狭い傾向があります。

男性にとっては、化粧品が顔にのっていること自体がすでに「違和感」。この違和感を避けるには、「人工的なものをつけているんだなぁ...」と思わせないことがとても大切なのです。

色についての違和感

本来、顔のなかに存在しない色がついていると、違和感を感じる男性が多いです。たとえばブルーのアイシャドウなどがその代表です。

それに対して、肌色に近いベージュ、黒目の色に近い黒やブラウン、唇の色に近いピンクなどの化粧品は、違和感を感じさせず、人工的なものをつけているという印象を与えにくいのです。

なので、これらの色を使って顔全体のメイクをまとめると、男性に好まれる顔になれるのです。

質感についての違和感

質感もやはり同じで、顔のなかにない質感のものが多量に顔についていると、男性は違和感を感じやすいようです。

たとえば、ギラギラした大粒のラメや強く光るパール感が強調されていると、メタリックで人工的な印象を与えてしまいます。

グロスは、瞳のキラキラと同じくらいの自然なツヤであれば問題ありませんが、あまりにテカテカしすぎていると、これもまた違和感となってしまいます。

女性としては、さまざまな色や質感を駆使して素敵な印象に見せたいという乙女心からメイクをしていても、「なんでそんなに光ってるの?」「目の上、青いけど大丈夫?」などと男性から言われてしまうのは、こういう理由があったのです。

上記のポイントをふまえて、違和感のないナチュラルな色と質感であなたの魅力を最大限に引き出すメイクを見つけてみてくださいね。

Decorative cosmetics image via Shutterstock