140703make.jpg

人間関係にも大きく影響する、メイクがつくり出す印象。ちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づける印象アップメイク』を紹介します。

そろそろ、「今年の夏はどこに行こうかな?」と、旅行の計画を立てはじめている人も多いかもしれませんね。

今回は、旅先で出会った人に「もう一度会いたいな」と思わせるメイクのポイントをお伝えします。

140703makeup.jpg

チークは丸く入れる

誰かのことを思い浮かべたときに、笑顔のその人が思い浮かぶ場合と、しかめっ面のその人が思い浮かぶ場合を比べてみてください。

笑顔が浮かぶ人とは「もう一度会いたい」と思うけれど、しかめっ面が浮かんできた人とは、できればもう会いたくないと思ってしまいますよね。

ニコッと笑ったときに盛り上がる場所にチークを丸く入れると、真顔のときでも頬骨が盛り上がって見えるので、じつはそれだけで「あの人はいつも笑顔が素敵」という印象に一歩近づけるのです!

ただし、顔立ちや年齢によっては、あまり真ん丸すぎると子供っぽくなって違和感が生じることもありますので、その場合は、斜め上向きの楕円形に調整しましょう。

リップは口角まで丁寧に塗る

最近は、唇にはグロスだけという人も増えているようです。でも、また会いたいと思われる笑顔の印象に近づくには、リップライナーや口紅も合わせてつかうのが早道。

グロスだけのメイクをするときは、はみ出るのを気にして口角のあたりにはあまり色をつけないことが多くなりますね。ところが笑顔メイクには、口角の部分が肝心なのです。

口紅をリップブラシで口角まで丁寧に塗って、口角がキュッと上向きに上がっている印象になるようにメイクしてみてください。それだけで、微笑んでいるような明るい表情に見えますよ。

元の唇の形によっては、上がって見えにくいこともありますので、その場合は、リップペンシルをつかって口角が上がって見えるような角度を見つけて描いてみてくださいね。

そして最後は、唇の中央あたりに軽くグロスをつけて仕上げると、ふっくらと瑞々しい印象になってますます魅力的になります。

こふたつのポイントをおさえて、「もう一度会いたい」と思われる魅力的な女性になってくださいね!

makeup set image via Shutterstock