140702sentaku.jpg

毎日恋も仕事も忙しい! そんな人にオススメの「女子のための時短術」。かんたんにできる時短テクニックをつかって、自由な時間をGETしましょう。

ただでさえ憂鬱な梅雨もストレスオフ! 洗濯物を手早く取り込むテクニックを紹介します。

取り込む効率を考えて干す

タオル、Tシャツ、スカート、タオル...とばらばらに干すと、取り込むときにもひと苦労。

「ここはタオルスペース」、「ここはTシャツ」、とジャンルごとに場所を固めて干せば見た目がスッキリ。取り込むときも同じ動作を繰り返すだけなので、スムーズに片づけられます。

ハンガーにかけたまま収納

シワができやすい服や、Tシャツなどハンガーにかけて収納できるものは吊るしたままでOK。物干し竿からそのままクローゼットに移動させましょう。

その際ハンガーはできれば針金のものではなく、クリーニング屋さんのハンガーを使う方が服の形が崩れにくくてオススメ。あらかじめ干す段階で準備しておきましょう。

クローゼットの前でたたむ

取り込んだ洗濯物の束は、そのままクローゼットの前まで持っていきましょう。ソファーの上やリビングにいったん置いてからたたむより、たたみながらタンスに入れればひと手間はぶけます。

取り込んだ勢いでそのまま片づけられるので、洗濯物が山積みになるストレスも減らせますよ。

Washing day image via Shutterstock