140605make.jpg

人間関係にも大きく影響する、メイクがつくり出す印象。ちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づける印象アップメイク』を紹介します。

一重まぶたや切れ長の目の方は、涼しげな印象で独特の魅力があります。水色や、うすいミントグリーンのアイシャドウをつかうと、さわやかな印象がよりいっそう強調され、洗練された素敵な大人の雰囲気。

ですが、初対面の人と会うことの多い職業の方からは「第一印象でクールな印象に見られてしまう」「明るく話しやすそうな印象に見られたい」という声を聞きます。

そこで今回は、クールな印象の目元を明るく話しやすそうな印象にチェンジするメイクのポイントをお伝えします♪

140605makeup.jpg

アイシャドウは暖色をつかう

目と目を合わせながら話をするとき、アイシャドウの色は、相手からの印象に大きな影響を与えます。

明るく話しやすそうな印象に見せたい日は、寒色は避け、暖色のオレンジなどをつかってみてください。ピンクの場合は、子供っぽくなりすぎないよう発色の強さに気をつけて!

アイシャドウもアイラインも黒目の上を太めにする

イキイキとして明るく積極的な印象に見せたいときは、アイシャドウもアイラインも黒目の上を太めにしてみましょう。すると、目の立幅が増して見え、黒目が大きくクリッとした印象の目元に見えます。

左右の目と目の距離が近い方は、目頭のあたりにはアイシャドウをのせず、黒目の上あたりから目尻にかけてだけ発色させると親しみやすさが増します。

目尻が上がっている方は、下まぶたの目尻側3分の1の部分にベージュやブラウンのアイシャドウをうっすらとつけてみてください。ソフトな印象になりますよ♪

まつげをしっかりカールさせ、マスカラもたっぷりつける

まつげが上がっているか下がっているかで、目元の印象が大きく変わります。下がっているまつげは目元に影をつくり、瞳の輝きを失わせてしまうからです。

ビューラーをしっかりかけてカールさせ、マスカラもたっぷりつけて、1日中上向きまつげをキープしてくださいね♪

時間が経つとまつげが下がってきやすい人は、マスカラの前に下地をつけるとキープしやすくなります。また、下地をつけると、マスカラのつきもよくなり、まつげのボリュームアップもできるので一石二鳥。ぜひ試してみてくださいね!

Cosmetic color image via Shutterstock