140528make.jpg

人間関係にも大きく影響する、メイクがつくり出す印象。ちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づける印象アップメイク』を紹介します。

色っぽくなりたいとは思うけれど、いかにもセクシー系を狙っているようには見られたくない。

ピュアなかわいらしさと色っぽさを兼ね備えた印象なんてムリ? と思っているあなたのためのメイクのポイントをお伝えします♪

140529makeup.jpg

アイラインは黒よりブラウンを選ぶ

黒のアイライナーでしっかりとアイラインを引くと、目元の印象が強くなりすぎ、かわいらしい印象からは遠ざかってしまいます。そこで、色は黒ではなくブラウンを選ぶとやわらかくかわいらしい印象に仕上がります。

そして、アイラインの長さは、目尻側を思いきって長めにし色っぽさを出します。色でかわいらしさを、長さで色っぽさを表現して、相反する印象を両立させます。

下まぶた目尻側3分の1で色気倍増

下まぶたのメイクは、やりすぎるとわざとらしくなってしまいますが、色っぽく見せたいときには外せないポイント!

下まぶたの目尻側3分の1のところに、ピンク、パープル、ボルドーなどのアイシャドウをのせると、一気にセクシー度が増します。

目元&リップは、うるおい&キラキラの質感が大事

目元やリップは、「かわいらしさ」「色っぽさ」ともにピンクをつかうのが王道ですが、こだわりたいのは質感です。

同じピンクでも、マットで光沢のないコスメをつかったときと、キラキラの光沢感のあるコスメをつかったときでは、顔の印象がガラッと変わります。

今回は、アイシャドウはきめ細かなラメ入りがおすすめ。リップは唇がうるおって見えるグロスをたっぷりめにつけるとセクシーに見えますよ。

この3つのポイントをおさえて、かわいらしさと色っぽさを兼ね備えた魅惑的な表情を演出してみてさいね♪

モデル/知念沙也樺 衣装協力/narue company limited(ナルエー・カンパニーリミテッド)