1. Home
  2. Cosmetics
  3. 合コンで「また会いたい!」と思わせるメイクのポイント

合コンで「また会いたい!」と思わせるメイクのポイント

合コンで「また会いたい!」と思わせるメイクのポイント

140313lip.jpg

メイクがつくり出す印象は、人間関係にも大きく影響します。メイクをちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づけるとしたら試してみたいですよね。『印象アップメイク』では、日常のシーン別に、かんたんにできる印象アップのメイク方法を紹介します。

前回は「明日はプレゼン! 濃くせずにメイクに気合いを入れる方法」というお話。

合コン当日は盛り上がって話もはずみ、「今回はいい感じ♪」と思っていたのに、待てど暮らせど連絡がない...。そんな経験はありませんか? 友だちとしては仲よくなれるけれど、異性としての魅力が伝わっていないのかも!?

そんなあなたに、まず一番に見直していただきたいのが、リップのメイクです。異性として意識してもらうには、「女性らしさ」を強調することが大事! そこで、今回は「女性らしさを強調するリップメイク」を2パターンご紹介しますね。

140313lip2.jpg

色で女性らしさを強調する

女性らしく見せる王道の色は、ピンクの口紅です。ただし、ピンクの口紅をつかうときは、顔全体を見たときに、ピンクがくどく見えないように気をつけてくださいね。

アイメイクや、チークにもピンク系をつかう場合は発色を控えめにすること。そうしないと、幼く見えすぎてしまったり、こびているような印象になってしまう可能性があります。上手に全体のバランスをとってください♪

質感で女性らしさを強調する

女性らしい質感といえば、「柔らかさ」と「ふっくら感」がポイント。見るからに柔らかそうで、ふっくらとしている唇を目指しましょう!

そんな唇に見せるには、淡いトーンの口紅にグロスを重ねづけするのがおすすめ。うすいピンクももちろんOKですが、肌色に近い色で、少し血色が感じられるくらいのベージュ系の口紅に透明のグロスをつけると、ナチュラルななかにもほんのり色っぽさが漂い魅力的です。

ふっくら感の演出のために、面倒でもグロスは省略せずにつけてくださいね!

合コンなど、食事をする場では口紅もとれやすくなってしまいますが、あまり神経質にならなくても大丈夫。食事が進み少し落ち着いてきたころに、さりげなくパウダールームでメイク直しして席にもどればOK! ぜひ実践してみてください。素敵なご縁が続くことを応援しています。

Attractive girl image via Shutterstock

メイクセラピスト/塩月美香子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    ゲッターズ飯田の2018年下半期占い

    Ranking

    1. BLが好きだと叫びたい。男の子同士がイチャイチャしていると元気が出る

    2. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 彼の誕生日を祝いたい。だから新幹線に飛び乗った #終電と私

    5. ダサい? むしろイケてる。ウエストバッグのコーデ術

    6. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    7. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    8. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    9. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    10. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    4. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    5. 浮気だったり、遠距離だったり。恋人と別れた本当の理由ってなに?

    6. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    7. 女子だって性欲ある。「気持ちいい」にもっと素直になれるアプリ出た

    8. 自分の体を鏡で見て、褒めたことが何度あっただろう

    9. 「価値観の違い」って結局なに? 東京の男女に聞いた、別れた本当のワケ

    10. 見えてもへっちゃらランジェリー。レースって無条件にかわいい

    1. H&Mのランジェリー。上下バラバラが逆にかわいい

    2. 「感じる」ことは恥ずかしいことじゃない。ラブグッズを企画する女性の原動力

    3. 恋も下着も無難になってない? アラサー女子が忘れがちなこと

    4. 日焼けのアフターケアどうしてる? #東京女子のマイルール

    5. 女子のオーガズムを祝う日があるって知ってた? 発案者はなんと男性!

    6. 結婚を考えていた彼氏が浮気していた。でも、結婚したい。

    7. もう無理、限界...。どうして女子はギリギリまでトイレを我慢しちゃうの?

    8. この夏はクールにキメに行く。視線をかっさらう大人のフェスコーデ

    9. 彼とセックスする頻度はどれくらい?

    10. いつものリップに重ねるだけ。唇ぷるっぷるになるホログラリップ

    合コンで「また会いたい!」と思わせるメイクのポイント

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • フルグラマーリップス #19 ミディアムベージュ 3.8g
      • ルナソル
      • by Amazon.co.jp
      • チューブグロス 01
      • セザンヌ化粧品
      • by Amazon.co.jp