140306makeup.jpgメイクがつくり出す印象は、人間関係にも大きく影響します。メイクをちょっと変えるだけで、なりたい印象にぐっと近づけるとしたら試してみたいですよね。『印象アップメイク』では、日常のシーン別に、かんたんにできる印象アップのメイク方法を紹介します。

前回は「童顔でも色気のある大人顔に! エレガントのポイントは「チーク」」というお話。


大事なプレゼンテーションの日は、身だしなみもしっかり整えてのぞみたいものですね。でも、うっかりすると、気合いが入りすぎてメイクが濃くなりすぎ、逆に悪印象になってしまうことも...。

人は真剣に話を聞くときは、目を見て聞きます。ですから、プレゼンの日は目元のメイクがとくに重要! 今回は、ちょっとした工夫で「より聡明な印象を与えるアイメイク」を紹介します。

140306eye.jpg

アイシャドウの色みは控えめにする

プレゼンテーションする相手方に男性が多い場合や、交渉の決定権を持っているキーマンが男性の場合は、ベージュ、ブラウン以外のアイシャドウはつかわないのが無難です。グリーンや、ブルーのアイシャドウには、違和感を感じる男性が多いので要注意!

アイシャドウは、目頭寄りの位置にのせる

ベージュ、もしくはブラウンのアイシャドウを目頭側2/3のところにのせます。こうすると、まるでノーズシャドウを入れたかのように、目元のほりが深く聡明な印象に見えます。

アイラインも、目頭寄りの部分をやや太めにする

上瞼のきわ、下瞼のきわ、いずれも、目頭寄りの部分のアイラインを少し太めにすると、引き締まった印象の目元になります。

マスカラは、全体のバランスをみながら調整

目が大きく印象的な方は、マスカラをつけすぎたり、ビューラーでまつ毛を上げすぎると派手な印象になるのでほどほどに。

もともと目元の印象がそれほど強くない方は、逆にしっかりとビューラーでまつ毛を上げてから、マスカラをしっかりつけてください。たっぷりついたマスカラはアイライン効果もあり、目力がアップします!


ぜひ、アイメイクを工夫して周りの人の心をつかみ、プレゼンテーションを成功させてくださいね♪ 応援しています!

makeup image via Shutterstock